山と溪谷社<br> 久住昌之のこんどは山かい!? - 関東編

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,320
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

山と溪谷社
久住昌之のこんどは山かい!? - 関東編

  • 著者名:久住昌之
  • 価格 ¥1,056(本体¥960)
  • 山と溪谷社(2014/08発売)
  • ブラックフライデーの週末!Kinoppy 電子書籍 全点ポイント30倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 270pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784635080064

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

軽い山、下りたら温泉、地元の居酒屋! これが楽しくないわけない。
好奇心旺盛な久住さんが見つけたこんどの新しい楽しみはなんと「山登り」。関東近郊の楽しいハイキングコースで、つらくない山登りを満喫したら、山麓の温泉にまっしぐら、
そして地元色100パーセントの居酒屋や食堂で一杯やりながら地元グルメを満喫。まさにこれは、大人の遊園地登山。
登山マップやコースタイムも掲載してあるので、実際に訪ねて、実体験して楽しむこともできます。

奥多摩・むかし道&ヤマメの刺身とキノコ汁  
真鶴半島・魚つき保安林&おさしみ定食 
房総・鋸山&驚きアジフライ 
埼玉(比企丘陵)・官ノ倉山&濃密ホルモン
群馬・榛名山&粋なつまみと特製メンチカツ 
伊豆大島・三原山&くさや 
上野原(山梨)・鶴島御前山&駅前食堂の湯豆腐と普通のメニュー、ほか、三浦半島と東伊豆の書き下ろし作品を掲載。

目次

奥多摩・むかし道 古道を歩いてヤマメの刺身で一杯―「みやぎ」のヤマメの刺身とキノコ汁
真鶴半島・魚つき保安林 巨木をめぐり、魚つき林の恵みをいただく―「丸入」のおさしみ定食
房総・鋸山 船で東京湾を渡り、絶品アジフライでべろべろになる―「さすけ食堂」の驚きアジフライ
埼玉(比企丘陵)・官ノ倉山 はじめてクサリ場体験をして、濃密ホルモン店へ下山―「太田ホルモン」の濃密ホルモン
群馬・榛名山 縦走をして伊香保温泉へ下山。隠れていい店発見酔い!―「再会」の粋なつまみと「ふきのとう」の特製メンチカツ
伊豆大島・三原山 火口の迫力に驚き、ジモティな店で伊豆の海を味わう!―「南島館」のくさや
山梨(上野原)・鶴島御前山 母の郷里で異常に急な山を登り、駅前食堂の愉悦に浸る!―「一福食堂」の湯豆腐と普通のメニュー
三浦半島・大楠山 日本のフロリダで、海から登って最高の居酒屋へ!―「つ久志」の焼白子とおにぎり
東伊豆(宇佐美)・巣雲山 小さな港町から、大展望を楽しんで海辺の食堂へ―「ふしみ食堂」の地元ごはん定食

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

バニラ風味

21
久住さん、編集者の提案で、低山に登り、帰りに温泉、そしてラストは、お決まりの一杯という企画。行先は、奥多摩・むかし道、真鶴半島、魚つき保安林、房総・鋸山など。それぞれ、地図と写真つきグルメファイルもあり、テレビ番組の孤独のグルメっぽーい!久住さんの笑いあり、失敗ありのエピソードが、実況中継のように語られていて、面白かった。2019/05/26

onasu

18
先日、著者の銭湯巡りの本を読んでいたので、その意味でも「こんどは山かい」。街をぶらつき、湯に浸かって縄のれんをくぐる、てのっけを、低山登山に置き換えて。  力まず、目(口)にしたものを楽しんでいく「孤独のグルメ」そのまま。マンガや音楽が本職で、それらへの刺激として、て辺りが、いいスタンスなのか。  何れにしても、いい組み合わせだ。海外(伊豆大島)を除いては近場だし、辿ってみるか。まずは、求む同行者か(苦笑)。  「孤独のグルメ Season3」、見忘れてばっか。終わっちゃうよ!2013/08/07

きあら

15
久住さんの「つたい歩き」より前に書かれた低山登山(山歩き)のエッセイ。孤独のグルメで、何でもかんでも「~グルメ」で括られてしまうのに対しての題名との事。山を歩いて、お風呂に入って、ぷはーとやる本だけど、久住さんらしいエッセンスが感じられて楽しく読める。2020/08/18

HERO-TAKA

15
おっさん三人が山に行き下りて温泉に入って酒を飲みながらご飯を食べるだけのエッセイ。しかしこの本を書いたのはあの「孤独のグルメ」の原作を担当している久住さん。豊富な知識量はもちろん、独特の感性で場面を切り取りコミカルで読みやすい文章で印象に残った部分を伝えてくれる。文章だけでもお酒と料理がとても美味しそう。まさにアウトドア版の「孤独のグルメ」。是非第二弾を。2016/02/21

おおた

6
山湯酒活動を推進しているわたしと同じコンセプトで、登山して汗かくから風呂に入ってビール呑む。低山というのも気負いがなくていい感じ。個人的には1500mオーバーばかり登っていたので、こういう低山で風呂とメシもありだとすると、酒の方に注力できるかもしれないという点で勉強になった。まったくノーマークの巣雲山とか真鶴半島で登山とみなしていいのだ。ダッフルコートにスニーカーで登っても登山。西日本編もあるといいですね。2014/05/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6433807

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。