角川学芸出版単行本<br> 「伝説」はなぜ生まれたか

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,750
  • Kinoppy
  • Reader

角川学芸出版単行本
「伝説」はなぜ生まれたか

  • 著者名:小松和彦
  • 価格 ¥2,200(本体¥2,000)
  • KADOKAWA(2014/06発売)
  • ポイント 20pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784046532732

ファイル: /

内容説明

能登の洞窟にひそむ猿鬼、戸隠の山に棲む九頭龍、琵琶に宿る精霊……。物語ることの意味を解きあかす神話学を背景に、日本人が愛する伝説を読み直し、民衆の心性と歴史、王権と人身御供の秘密にせまる画期的伝承論!

目次

序章 「物語る行為」の宇宙―出来事・記憶・歴史
第1章 猿鬼の棲む洞窟―誰が猿鬼を退治したか
第2章 遷移する天竺―「お伽草子」から「いざなぎ流祭文」へ
第3章 龍が生きている山―九頭龍信仰論への視角
第4章 琵琶怪異譚―霊と幻想のメディア
第5章 天皇と異界―王化された妖怪退治・生贄伝説を読みとく

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

in medio tutissimus ibis.

3
伝説はなぜ生まれたか、を主題にしているのは序章だけであとはまあいろんな場所やモチーフの伝説に関する論文。で、その序章が一番難物。一番読むのに時間がかかったが結局よくわかんなかったぜ。伝説はなぜ生まれるのか……。第五章の王の身代わりとしての生贄論はそれはそれとして面白いとおもうけれども、気になったのは伝承の変遷に王権によるプロパガンダを疑うなら、そもそも生贄なんかも本当にあったのかっていうところ。ミノタウロスの神話はアテネによるプロパガンダで、迷宮は迷いようのない構造してたし、単なる成人式場でした、みたいな2020/03/04

らむだ

3
第五章・天皇と異界における生贄・身代わりの考察は圧巻。ぜひ、発展形の考察を読みたい。 ―――猿鬼伝説。天竺。九頭龍。琵琶。天皇と異界。2016/05/21

メルセ・ひすい

3
初出…岩波講座 文化人類学 第10巻 日本妖怪学大全 小学館2003年 日本人の異界観 せりか書房 人と水Ⅲ 水と文化 勉誠出版 2010年 琵琶をめぐる怪異の物語 夢枕獏変 琵琶奇談 日本出版社 2006年 柳田曰く…民俗学の研究に誘われたのは、伝説を含む広義の「説話の魅力」に取りつかれてしまったからである。能登の洞窟にひそむ猿鬼、戸隠の山に棲む九頭龍、琵琶に宿る精霊…。物語ることの意味を解きあかす神話学を背景に、日本人が愛する伝説を読み直し、民衆の心性と歴史、王権と人身御供の秘密にせまる画期的伝承論。2013/05/02

takao

1
論文集であり、文章はちと難しい。伝説の解釈の作法みたいなものは垣間見ることができる。 2018/10/03

乱読家 護る会支持!

1
地方にかすかに残る伝説から、日本人の精神性を考察。不思議とどの地方の伝説にも天皇もしくは配下の神々による鬼神、鬼人、化け物の退治話が多い。自然を神と崇める日本的宗教基盤の最上位にある天皇。あらゆる天変地異を治める祭司。国民の精神的支柱であったのだとあらためて感じた本。2013/09/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6418061

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。