ハーレクイン<br> 愛したのは私?

個数:1
紙書籍版価格 ¥680
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ハーレクイン
愛したのは私?

  • ISBN:9784596934895

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

ルシールは、再婚を間近に控えた双子の姉に泣きつかれ、代わりに姉の元義父フィデリオを見舞うため異国を訪ねた。出迎えたのは、フィデリオの隣人だという富豪のホアキン。そこでルシールは、あろうことか姉が数年にわたり、年老いた元義父に金を無心していたと知らされる。ホアキンはルシールを姉と誤解したまま冷酷な視線を向け、金を全額返済すると誓うまでこの地に監禁する、と脅した。正体を明かせば彼は姉のもとへ行き、結婚は破談になるだろう――姉を助けるため、ルシールは囚われの身になるほかなかった。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

糸車

6
感想を書こうと思いながらずーっと放置。ヒロインに対してもモヤモヤするし(口にしたくない悪い言葉が出てきそうで、ストレス。)、ヒーローの言いぐさにも腹が立つ。しかも何度も!逆に個性的な脇役は割と好きかも。今日、再度読み返してヒロインの結婚式と思い込んで焦るヒーローの気持ちはちょっとは分かったけれど、再々の暴言はやっぱり許せない。リン・グレアムでもたまに好きになれるヒーローがいるのでそういうのに出会いたいんだけれど”はずれ”に当たってしまったときのがっかり感がいや~。ということで、わたし的にははずれでした。2014/01/11

やまと

3
自分勝手な姉、それを許すヒロインにイライラ。 ヒーローはヒロインよりヒロイン姉にもっと怒るべきだ。2015/08/18

ちゃろ

2
⭐⭐ヒロインは双子の姉の尻拭いのため、姉のふりをしてヒーローに会う。ヒーローの脅しにも本当の事を言えず窮地に。ヒロインはお人好し過ぎる。いい意味じゃないよ。ヒロインに魅力を感じないのでイマイチでした。2014/11/23

harukakoko

1
舞台はグァテマラ。古代遺跡が出てきたり、エキゾチック感があって良いが、主人公がグァテマラに行く羽目になる導入部分がやや強引。そのため、すっと物語に浸れなかった。後半は、お決まりの展開で楽しい。2013/01/16

キッチンタイマー

1
双子の姉妹、グアテマラ人、一度も出てこない被害者の牧童頭、監禁の話。この手の話は妊娠しなかったらどうだったんだろうと思ったりする。2013/04/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5920364

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。