文春文庫<br> 不安な演奏

個数:1
紙書籍版価格 ¥957
  • Kinoppy
  • Reader

文春文庫
不安な演奏

  • 著者名:松本清張
  • 価格 ¥896(本体¥815)
  • 文藝春秋(2016/05発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784167697327
  • NDC分類:913.6

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

ラブホテルで盗聴したテープを心ときめかせて聞いた雑誌編集者の宮脇平助は、それが死の演奏への序曲だと知った。そして映画監督の久間隆一郎とともに、事件を追及しはじめる。柏崎、甲府、東海道、尾鷲、九州……謎解きの旅から、次第に選挙違反の黒いネットワークと殺人事件との結びつきが浮かび上がる傑作推理長篇。巻末に、独自の視点で清張作品を読み解いた、みうらじゅん氏による「解説 清張地獄」を収録。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しーふぉ

22
新潟や山梨、三重など舞台が色々出て来るのが魅力です。名探偵役の葉山の怪しさが拍子抜けというのと、映画監督が途中から関わらなくなってそのままというのは?纏めきれなかった印象です。2021/01/09

安部圭二

13
主人公の宮脇はなんとフットワークが軽いんだろう。昭和30年代。いまの高級住宅地、田園調布は当時は田舎。飛行機どころか新幹線も無い時代、宮脇は夜行列車を使ってどこまでも行く。信州の山奥にも、静岡にも、最後には九州、湯布院まで。そこまで彼を駆り立てるのは、ただひとつ、ラブホに仕込んだ隠しマイクから録音された、殺人をほのめかす会話への好奇心。そして事件が詰まってくるにつれ、相棒となるはずの葉山との不調和音。これが題名の由来だろうか。ミステリーとしてよりも、当時の生活の様子のほうが興味深い。2016/01/13

瑞穂

9
雑誌者の宮脇平助が仕掛けたホテルの録音テープには、殺人後の遺体をどう処理するかの相談が入ったいた。昭和30年代に書かれているので、移動も夜行列車、バスと1日がかりだ。連絡も葉書、電報、公衆電話などを駆使する。葉山と組み真相を追うが、途中から葉山に不審を感じる。それでも、地道に何度も布田に足を運び、刑事さながら近所のに人に聞き込みをして、真相を追う。若い女、南が殺害され、南田菊子も行方不明になる。秋芳の選挙参謀の千倉の居場所は?序盤から話しに引き込まれた。松本清張はやはり長編が面白い。葉山には、やられたな。2020/10/21

ランラン

7
最後まで捜査相棒が犯人と思っていましたが、展開は予想とは全く違う方向に。不思議なテープを聞いたところから話が始まり盗聴から解決していく様は刑事コロンボさながらで十分楽しめました。2021/01/03

7
松本清張3作目。作者のミステリーは一緒に探偵をしている気分になれる。時代を感じる描写も好きだし、楽しくて一気読み。2021/01/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5569556

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。