幻冬舎文庫<br> 大便通 知っているようで知らない大腸・便・腸内細菌

個数:1
紙書籍版価格 ¥858
  • Kinoppy
  • Reader

幻冬舎文庫
大便通 知っているようで知らない大腸・便・腸内細菌

  • 著者名:辨野義己【著】
  • 価格 ¥815(本体¥741)
  • 幻冬舎(2016/02発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784344982918

ファイル: /

内容説明

日本人は一生に約8・8トンの大便をする。が、ふつうはそれから目を背けて生活している。しかし、便とは自らの健康状態を知らせる体からの「便り」である。では、そもそも大便とは何でできているのか。固形成分の3分の1を占め、大腸内の環境に多大な影響を及ぼす「善玉」「悪玉」と呼ばれる腸内細菌は、それぞれどんな働きや悪さをするのか?
大腸と腸内細菌の最前線を読み解き「大便・通」になることで「大・便通」が訪れる、すぐに始められる健康の科学。

目次

序章 私はなぜ「大便通」になったのか―大便研究の目的(「不便」になった現代社会 世界中から集めた6000人分の大便 ほか)
第1章 大便は何でできているのか―善玉菌と悪玉菌(日本人は80年の人生で8.8トンの大便をする 大腸では「発酵」か「腐敗」のどちらかが起きる ほか)
第2章 腸高齢化社会ニッポン―便秘はなぜよくないのか(年齢に応じて腸内環境は変化する 悪玉菌が増えるのは一種の老化現象 ほか)
第3章 大腸は病気の発生源(大腸がんはいずれ日本人の死因ワースト1に? 日米ともに昔は胃がんが多かった理由 ほか)
第4章 腸内細菌研究の最前線―現代医療のトップランナー(培養に成功した腸内細菌は全体の20%程度 培養の成功には「培地」の研究が不可欠 ほか)
第5章 これであなたにも「大便通」が訪れる―腸内環境をコントロールする食生活(大便は自分で「デザイン」するもの 嫌いだった野菜とヨーグルトで食生活を改善 ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

シュラフ

28
人間の体内の具合を知る方法は、血液と小便、そして大便を調べることである。このうち大便というのは、視覚面および臭覚面で健康バロメーターとして分かりやすく、個人でも毎日のチェックができる。食べカスが送り込まれる大腸の内部では、その食べカスに発酵もしくは腐敗がおこっていて、腐敗はさまざまな病気をひきおこす原因。発酵か腐敗かを分けるのは、腸内細菌の善玉菌と悪玉菌。だから健康維持のためには善玉菌を増やすべく食生活を改善すべき。具体的に言えば、ヤクルトとか食物繊維をたくさん取ることである。健康知識として読むべき一冊。2017/11/09

かず

21
著者は「うんち博士」として有名な方だそうで、元々は獣医学の研究者だったのが、ひょんなことから人間の腸内細菌の研究者に転身したそう。ここ数年で「脳腸相関」とか「腸は第二の脳」などと聞くようになったが、本著を読むと、腸の健康を保つことがいかに長寿と健康を保つうえで重要かを学べます。親しみやすい文章で書かれており、読み物としても面白いです。腸の健康を保つ具体的な方法として、ヨーグルトや漬物、納豆などの発酵食品、ヤクルト、野菜の摂取のすすめと肉類の摂取抑制が提唱されています。私も引き続き実践したいと思います。2017/04/02

kent1box

21
快眠・快食・快便は、健康のバロメーターと言うが、便秘や下痢さえしていなければ「快便」でなく、健康度は大便の「色」や「臭い」に表れる。大便には水分が80%ほど含まれるが、便秘(3日以上)により水分減少で腸内環境を悪化させる。大腸がんのリスク要因は、肉・アルコール・肥満。特に肉は日本人の年間肉消費量が50年前の15倍で一人当たり平均45キロと欧米化し、大腸がん死因の女性1位、男性3位に係わっている。野菜、ヨーグルト、食物繊維、糠漬け・納豆等発酵食品を日常多く摂取し、腹筋と腸腰筋を鍛えて快便が防止につながる。2013/01/08

えむ女

19
腸内細菌のほとんどは嫌気性菌で培養するのが困難であったが、PCRによって解析が進んでいる。良い便を出して体の状態を知り、整えよう。2012/12/26

たくのみ

17
「便の3分の1は、じつは腸内細菌のかたまり」。それを研究する辯野先生の腸内環境学の入門書。健康の鍵を握っているのは、善玉菌でも悪玉菌でもない、日和見菌と呼ばれるバクティロイデスや大腸菌。肉だけの生活をすると20日目でダウンしてしまう。一人暮らしの女性は、食生活が偏るので悪玉菌の巣窟になる。大便は論文のようなもの、そして、おならは前書きなのだ。ベータカロチン取りすぎと肺がんリスク上昇。牛乳有害説は間違い。ヤクルトがはじめた資格制度。腸内世界の研究は、知らぬ間に日々進んでいるのでした。2016/08/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5654820

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。