幻冬舎新書<br> 人を呼ぶ法則

個数:1
紙書籍版価格 ¥880
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

幻冬舎新書
人を呼ぶ法則

  • 著者名:堺屋太一【著】
  • 価格 ¥836(本体¥760)
  • 幻冬舎(2016/02発売)
  • 秋の夜長の読書応援!Kinoppy電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~10/17)
  • ポイント 175pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784344982802

ファイル: /

内容説明

「客」を呼ぶ時代はもう終わった。今こそ「人」を呼ばねばならない。需要が多様化し、画一的な手法が通用しなくなった今、「働く人」「住む人」「稼ぐ人」「費う人」など、あらゆる現場で「人を呼ぶ技術」が必要とされている。「非日常性」「その場所にしかない魅力」「聖なる一回性」など正しいポイントを押さえれば、人を集めることは必ず成功する。日本発展の象徴・日本万博から上海万博まで大小さまざまなイベントを成功させた仕掛け人が、自身の体験から導き出された「人を呼ぶ」全法則を大公開。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ふぇるけん

4
大阪万博を知らない世代なので、その当時の興奮を知ることができなかったのが残念ではあるが、「人を呼びこむ」ために何をすべきか、どのようなイノベーションがあったかを考える良いヒントになった。2012/11/19

mkt

1
「客」ではなく人を呼ぶ時代/イベントの本質①臨時的②非日常的③多人数対象④心理的肉体的刺激⑤情報伝達/広告によって、その商品を持つことに対する人々の満足度を増大すれば価値になる/イベントの成否①予定通り開催し、予想通りの賑わいをえる(実現基準)②安全に遂行され、大きな事故、故障がない(安全基準)③多くの参加者を集める。特に遠方、リピートが多い(人気基準)④黒字(経営基準)⑤後に語り継がれる技術や人材を残し、地域活性化に貢献(育成基準)/一目で分かり一言で伝える/ 20200923読了 246ページ 46分2020/09/23

しょーたん

1
★★☆☆☆2020/05/19

ハザマー

1
コンセプトのない博覧会、遊園地などは続かないこと が事例を元に紹介している一冊。 大阪万博の下りが多いが、一番初めに提案することの 凄さ力は素晴らしい。2013/11/28

Yuuto Sakuragi

1
物事を説くときに自らの思考、哲学を説く人は多いが、この著作はところどころにおいてその哲学を実践する過程を出してくれている。この本を手にとったきっかけはまさしく私自身が人を呼ぶためのイベントを企てんとしているからであり、自身の中にあった哲学が万博を始めとする様々なイベントを「著者基準の中の」成功へと導いた方との近似性を感じれた。親近感を感じながら読むことは逆に自分が失敗した原因を先例に当てはめて考えなおすきっかけを得る事も出来るわけだが、そこでイベント攻略のフローチャートが書かれているのはとても参考になる。2013/11/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5465434

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。