ハーレクイン<br> ダイアモンドの花嫁

個数:1
紙書籍版価格 ¥680
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ハーレクイン
ダイアモンドの花嫁

  • ISBN:9784596900906

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

ローラは実父の死の謎を解くため、シドニーを訪れた。画家だった父が彼女に遺したのは、たった1枚の絵。落日を背景に、苦悩に満ちた表情を浮かべる美女が描かれている。ある日、その絵を途方もない高値で買いたいという男が現れた。ダイアモンド鉱山を所有する若き億万長者、ジャレッドだ。父の形見は売れないと断るローラに、彼は驚くべき申し出をした。“この絵といつも一緒にいたいなら、ぼくの妻になればいい”と。彼に惹かれたことは認めたくないが、絵の謎が解けるかもしれない。結婚を承諾したローラは、挙式当日、衝撃の事実を目の当たりにする。式場に現れたジャレッドの母ナオミは、絵の中の美女、その人だったのだ!■長くハーレクイン・ファンに愛されるベテラン作家エマ・ダーシー。当時の編集者が“一級品の面白さ”とメモを残した91年の名作です。描かれていたのは、ナオミを巡り争った男たちの愛と憎しみ。なんとローラの父には、ジャレッドの父殺害の嫌疑がかけられていて……。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

akiyuki_1717

2
実父の存在を遺産を受け取ったことで知ったヒロインが、印象的な絵の意味と、生前の父を知るために展覧会に出品し、ヒーローと出会い、互いに名前しか知らないままに結婚するという、突飛なおはなしです。ミステリーっぽいんだけど、謎は解けないままに終わり、確執の濃かったヒロインとその母は30年近く確執が続いたにも関わらず、ヒーローの瀕死の怪我がきっかけで雪解けを見るという、どこまでもめでたしな内容です。互いにビビビっと感じた二人ですが、思ったより険悪にもならず、予想以上にいい感じで読み終えた。2015/01/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5250789

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。