翻訳書<br> Think Simple アップルを生みだす熱狂的哲学

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,760
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

翻訳書
Think Simple アップルを生みだす熱狂的哲学

  • 著者名:ケン・シーガル/林信行/高橋則明
  • 価格 ¥1,257(本体¥1,143)
  • NHK出版(2012/06発売)
  • たのしいひな祭り!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~3/3)
  • ポイント 330pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784140815458

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

「シンプル」は現代ビジネスにおける最強の武器だ
スティーブ・ジョブズのもとでアップルの「Think Different」キャンペーンにたずさわり、iMacを命名した伝説のクリエイティブ・ディレクターが初めて明かす、ビジネスとクリエイティブにおける「シンプル」という哲学。
いまや世界一のテクノロジー企業となったアップル躍進の秘密とは?もちろん誰もが知っている事実がある。アップルには偉大なるビジョナリーがいた。デザインに優れ、エンジニアリングにも、製造も小売もマーケティングもコミュニケーションもすべてが優れていた。だが、それらすべてを超越した何かが、真にアップルをアップルたらしめたのだ。
――アップルは「シンプル」の熱狂的信者なのだ
本書は著者にしか知りえないさまざまなアップルでのエピソードを題材としながら、〈シンプル〉という哲学を、核となる10の要素に落としこんで紹介する。マーケティングの考え方、イノベーションをいかに生みだすのか、組織の生産性をどう高めるのか、アイデアを実現させる方法、意思決定の仕方、社内や顧問とのコミュニケーションのとりかたまで ―あなたも〈シンプル〉という武器を手にすることで、この複雑な世界においてクリエイティブな力を発揮することができるはずだ。

目次

Introduction シンプルの杖
第01章 Think Brutal 容赦なく伝える
第02章 Think Small 少人数で取り組む
第03章 Think Minimal ミニマルに徹する
第04章 Think Motion 動かし続 ける
第05章 Think Iconic イメージを利用する
第06章 Think Phrasal フレーズを決める
第07章 Think Casual カジュアルに話し合う
第08章 Think Human 人間を中心にする
第09章 Think Skeptic 不可能 を疑
第10章 Think War 戦いを挑む
Conclusion Think Different

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mitei

167
アップルはシンプルという非常に難しいことに果敢に挑戦した結果今の社風があるし、革新的なものを生み出せるのだと実感。私もアップル製品をいくらか持っているが他社品と比べて出来るだけ無駄を省きたい思想を感じるものが多いなと思った。スティーブ・ジョブズがいなくなった今後はどうなるのか注視したい。2014/11/09

徒花

135
まあまあ。アップルの広告戦略家が書いた思考法の本で、全体的にスティーブ・ジョブスがどういうものの考え方をしていたのかということをまとめた一冊。エピソードはおもしろいものは多いけれど、文章自体はちょっと冗長に感じる部分も多い。シンプルさは確かに強力な武器ではあるけれど、なかなか使い勝手が難しく、だからこそなかなかアップルのマネを他の企業はできないのだろうなあ、と。カジュアルに考える、のところはまぁまぁ面白い。2020/03/01

hisato

63
Appleで実践されている物事の単純化(とでも言うんでしょうか)について、その根幹となる考え方や逸話などがひたすらに書かれてます。原文が英語のためか、表現にちょっと癖がありましたが、文章自体は分かりやすかったので、面白く読めました。仕事してる人であれば、「分かるけど、...」と言い訳が出てきそうになるところ多々ありです。きっと装丁や内容も著者がその考え方を貫いてるんだろうなぁというものになってました。再読する価値ありですね。2017/02/04

ハッシー

55
★★★★☆ 伝説のマーケティングキャンペーンThink Differentや、iMacを始めとする「i」シリーズの生みの親でもある広告クリエイターが「シンプル」という哲学を紹介した一冊。アップルが倒産の瀬戸際から劇的な復活を遂げた舞台裏を解き明かしながら、「シンプル」哲学を実践する10の考え方を紹介している。シンプルは一見簡単そうに見えるが、それを実践するのは非常に難しい。物事をシンプルにするは、玉ねぎの皮を剥くように、何度も何度も本質を問いただす必要がある。次は原文で味わってみたい。2020/11/24

Y2K☮

39
iPhoneを使い始めた。ゆえに本書の掲げるアップル哲学が初読時よりもリアルに感じられる。競合企業をこれでもかと論理的にディするのはお国柄or社風? ともあれプロジェクトにおける複雑なプロセス、知性を装う難解な表現、分厚い書類、多過ぎる選択肢、そして大人数の冗長な会議に関しては全く同意見。シンプル=簡単に非ず。むしろ複雑にするよりも努力を要する。その過程では常に不可能を疑う。他者のノーを安易に認めず、自らも軽々しく口にしない。率直明快迅速。何よりも世界を変えたい情熱。ジョブズが坂本竜馬や織田信長と重なる。2017/04/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4868345
  • ご注意事項