逆転発想の勝利学 全日本女子バレーボールチームに変化をもたらした独自戦略

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,540
  • Kinoppy
  • Reader

逆転発想の勝利学 全日本女子バレーボールチームに変化をもたらした独自戦略

  • 著者名:眞鍋政義
  • 価格 ¥1,210(本体¥1,100)
  • 実業之日本社(2015/09発売)
  • ポイント 11pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

勝負師マナベが語る強者を倒すためのメンタリティー! 独自のセッター哲学、人心掌握術で全日本女子バレーボールチームを牽引している眞鍋政義。原点には、自らの弱点を見極めたうえで、相手とどう戦うかを分析するメンタリティーがあった。日本人選手は高さや体力では世界のトップ選手にはかなわない。だから、スピードや技術など、その他の要素を追求してきた。今まで前例がなかったコーチ分業制を導入したのも、それが勝つために必要だと感じたから。常識にとらわれずに柔軟に対応するのが眞鍋流だ。また、緻密なデータ分析を徹底し、iPadを導入した秘話も明らかにする。幼少時代から現役時代までを振り返りながら、日本オリジナルのバレーボールを確立させた眞鍋政義が、強さの秘密を語る!

目次

序章 2011年W杯4位の真実
第1章 マナベの原点(世界遺産が遊び場だった バレーボールとの出合い ほか)
第2章 鉄は熱いうちに打て(打倒・富士フイルム 勝利のための地道な作業 ほか)
第3章 新天地を求めて(燃え尽きるまで現役で 若い選手にも挑戦してほしい ほか)
第4章 監督がチームを変える(女子と男子の大きな違い 公平性を保つための数字 ほか)
第5章 眞鍋ジャパン世界への挑戦(マナベのノート活用術 日本が強くなるために ほか)
第6章 データが教えてくれたこと(私はアナログ人間だ データは活用次第 ほか)
あとがき 弱点は補えばいい