角川コミックス・エース<br> エウレカセブンAO(1)

個数:1
紙書籍版価格 ¥616
  • Kinoppy
  • Reader

角川コミックス・エース
エウレカセブンAO(1)

  • 著者名:Bones/加藤雄一
  • 価格 ¥616(本体¥560)
  • KADOKAWA(2015/01発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784041202821

ファイル: /

内容説明

沖縄の離島で暮らす、13歳の少年・アオは島を危機から救うため、“眠れる巨人”ニルヴァーシュを覚醒させる!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

十六夜(いざよい)

11
エウレカセブンの続編。エウレカが沖縄で産み落とした息子アオ。自分がどういう人間かも知らないまま、島を守るためにアオは巨人ニルヴァーシュに乗り込む決意をする。アオ1人に責任を押し付ける村の大人たちに本当にイライラさせられる。おじいちゃんがいい人。エウレカの話と作画は別の人だが、いい感じで似ている。2018/09/26

佐島楓

8
深夜アニメを観る体力がないので(録画しろよ・・・)、マンガで補完。イメージイラストを見たときに予想したのとあまり変わらない内容でよかった。前作が神なのでそれを超えていただきたい。2012/05/04

ワダマコト

6
そんなに期待しちゃいけないんだけど、絵がちょっと荒くてね。指が人間離れした長さになっていたりとか、細かいとこが気になってしまう。2014/12/06

龍田

6
エウレカの息子アオが主人公。沖縄で暮らすアオは排他的な沖縄の人に迫害を受けて生活をしている。ある日、Gモンスターに立ち向かうため、エウレカが残したニルバーシュに乗る。2014/04/03

soft&wet

6
エウレカは地球という星のある世界、独立したての沖縄へ飛んでいた! そんな沖縄にひとり残されたエウレカの息子アオは、消えた母の面影に苛まれていた.領土問題、そしてスカブを巡るエネルギー問題、まだまだ真の自立には程遠い沖縄は(この辺の感じはアニメ版のがわかりやすい)排他的になり、かつてエウレカを、今ではアオを差別していた.しかしスカブあるところどこでもやってくるGモンスターが襲来し、立ち向かえるのはアオだけになる. 「誰も恨むな 恨んじゃいかん 自分で決めるんだ お前はどうしたいんだ? アオ」2013/12/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4726548

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。