座席行動の心理学 : 着席位置をめぐる心理メカニズムの解明

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,640
  • Kinoppy
  • Reader

座席行動の心理学 : 着席位置をめぐる心理メカニズムの解明

  • 著者名:北川歳昭【著】
  • 価格 ¥1,870(本体¥1,700)
  • 大学教育出版(2013/12発売)
  • ポイント 17pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784864291361

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

人はなぜそこに座るのか、着席位置が決まる過程にはどのような心理メカニズムが反映しているのか、座席行動からどのような心理を読み取ることができるのか。座席行動の背後にある心理メカニズムを究明する。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

きゅー

12
大学の教室を例として、人が着席場所を決める際の心理メカニズムを研究する本書。2012年に出版されているが、内容は過去に発表した論文等に加筆・修正したものを集めたもの。論文発表年は、古いもので1980年代、新しくても2001年頃のため内容の陳腐化について気になった。また、論文集ということで、全体としてのまとまりが欠けているように感じられる。タイトルの「心理メカニズムの”解明”」からは遠い内容だった。ちなみに「前に座る学生ほど成績がよく、後になればなるほど成績が悪くなる傾向がある」(p39)とのこと。2020/12/18

MasakiZACKY

1
ある席に座る人にはどのような特徴があるのかに関する著者の研究成果をまとめた一冊。タイトルにある「座席行動」とは「座席配置のある空間の中で座席を選択したり座席位置を利用する行動」のことだとか。非常に興味深い話題であった。著者はそこに物理的・心理的・社会文化的要因が複合的に関与していると考え、たくさんの研究を展開している。非常に日常的で素朴な現象をいかに実証的な研究に落とし込むかという点でも参考になった。たくさんの結果があってあまり細かくは覚えてないけども、前の方に座る人ほど成績がよいという相関関係は覚えた。2014/02/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4788591

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。