集英社コバルト文庫<br> パパのいうことを聞きなさい! ~うさぎのまぁく~小説版

個数:1
紙書籍版価格 ¥576
  • Kinoppy
  • Reader

集英社コバルト文庫
パパのいうことを聞きなさい! ~うさぎのまぁく~小説版

  • ISBN:9784086016216

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

ここは、都内のちはる保育園。新米保育士のマサキは、季節はずれの新入園児を迎えた。小鳥遊ひな、三歳。両親が事故で行方不明になり、大学生の叔父・祐太と、二人の姉・空と美羽と一緒に暮らしている。大変な状況でもがんばる一家のことが気になるマサキだったが!? 松智洋書き下ろしの番外編「うさぎのまぁく」のコミック版をもとに再小説化。奇跡のコラボをお楽しみください!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ふうむ

1
このスピンオフよいなあ。2012/04/08

beal150

0
マンガのほうを読んでるひとむけかな?2013/06/08

霞さんちの黒猫

0
マンガにもなっているひなの派生作の小説版。どうにかしてパパ聞きのキャラや世界観を活かそうとして、空回りしている感じがする。ひなだけにもっとしぼってスポットを当ててもよかったかも。パパ聞きと比較すると辛口になってしまいますが、ほんわかした普通に読めるお話でした。2012/07/14

デート・ア・ライブ

0
大筋は噂で知っておりますが、原作、元になったコミックも未読。本作はそういうコラボ企画を度外視しても十分すぎるくらいの存在だと思います。ホンワカしていて、ユルさカワイらしさでお腹一杯。登場人物の誰もがひたむきで自分に関わりのある人の幸福を考えて、祈っている・違う、「願っているし行動を惜しまない」のがヒシヒシと伝わってきます。捻りもない可愛いお話なんだけど、原因不明で読書中涙腺ダダもれ、テイッシュが手放せなかったのでした。今年、出会って良かった1冊&永保確定。絶対にひなちゃんはお嫁に行かせませんっw2012/05/22

公路郎

0
小説の漫画化のノベライズという不思議な作品 と後書きにもあるように、スピンオフ。主人公たちの視線ではなくて、保育園の先生視線というところに新鮮みを出そうというのが現れていて良いと思う。子供って妙なところで泣いたり、すぐ笑顔になったりと忙しいですが、かわいいですよね。そう言う魅力が出ていて良いと思います。小さな出来事がピックアップされていてよろしい。2012/04/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4700373

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。