今日もていねいに。 - 暮らしのなかの工夫と発見ノート

個数:1
紙書籍版価格 ¥691
  • Kinoppy
  • Reader

今日もていねいに。 - 暮らしのなかの工夫と発見ノート

  • 著者名:松浦弥太郎
  • 価格 ¥610(本体¥555)
  • PHP研究所(2013/06発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

とびきりおいしいお茶を淹れること。苦手な人に、自分から歩み寄ってみること。新しいものをひとつ手に入れたら、ひとつ手放すこと。ちょっとした工夫で、毎日が特別なものに変わっていきます。本書では、「暮しの手帖」編集長、書店経営、文筆業と、八面六臂の活躍を続ける著者・松浦弥太郎が、自身の経験から見つけた、日々を大切に生きる秘訣を紹介します。肩の力を抜いて、リラックスして読んでみてください。よく働き、よく暮らすためのヒントがきっと見つかるでしょう。特典として、「うつくしさ」を作るプロフェッショナル、ヘア・メイクアップアーティストの山本浩未氏の解説を掲載。「今日もていねいに。」暮らしたい、あなたに贈る本。

目次

はじめに 目覚めたときの深呼吸
第1章 すこやかな朝ごはん―自分をととのえ、暮らしの基本をつくりましょう(毎日が「自分プロジェクト」 「おはよう」の効用 ほか)
第2章 とびきりのランチ―人や社会とのつきあいに、秩序と喜びを加えましょう(うれしさのお裾分け 与えるスケール ほか)
第3章 しなやかな人生のためのアロマ―生きていく知恵と楽しみを知りましょう(香りの効用 わからない箱 ほか)
第4章 おだやかな晩ごはん―いくつもの今日という日を、ていねいに重ねましょう(一日一回さわる 基本条件は孤独 ほか)
おわりに 明日を待ち遠しく眠りたい