実業之日本社文庫<br> メメント

個数:1
紙書籍版価格 ¥680
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

実業之日本社文庫
メメント

  • 著者名:森達也
  • 価格 ¥550(本体¥500)
  • 実業之日本社(2014/10発売)
  • もうすぐ立春!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~1/30)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784408550695

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

ペットの寿命。死後の世界について。宗教の役割。戦争や大量殺戮が起きる理由。殺人事件はなぜニュース・バリューを持つのか。細胞不死のメカニズム。人生で残された時間の量――煩悶を繰り返すドキュメンタリー作家が、死に関する様々な事象に想いをめぐらせ、考察し続けた数年間の記録。東日本大震災後に執筆された「震災、受賞、父親の死」も収録。

目次

さよなら、ゲンキ
怪談と宗教
モンゴルの習慣
「放送禁止歌手」が世界から消えた日
ニュースの定義って?
池田くんの思い出
紀伊國屋ホールの舞台袖で
“規則を破る”自覚と後ろめたさ
“先天性”ということ
煩悶する小説家〔ほか〕

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

げむ

2
森達也の映画が好きならおすすめ。「フェイク」を観たことがきっかけでこの本に辿り着いた。稀有な体験をしてる人ですね。それをテレビディレクターをしていた彼らしい語り口で紹介する。死に纏わるエピソード集。僕は好き。

たまご

2
人間は集団を作ることで身を守ってきた生き物だから集団を作る,でもそこには襲ってくる敵が必要で・・・,という理論で集団が攻撃に向かうことを説明している.そして攻撃に向かうには悪意ではなく善意をあおられると,暴力が正当化されて簡単に攻撃してしまうと.攻撃する側もされる側も,個々人はきっとそんなに差はないのに,集団になっちゃうと冷静になれないのか.そこにもう一つ民族?国民性?とかの違いは出ないのだろうか・・・. 筆者の論理で行けば,人間には天国なんてないのかも.2013/04/05

べんてん。

1
タイトルがいいなと思う。「メメント」は「想う」。メメントと普通に聞くと、藤原新也の名著「メメント・モリ(死を想え)」を連想することが多いと思うが、「モリ」を「死」とも著者名の「森」とも掛け合わせて連想させることを目指した意図が充分に伝わってくる。「森」がいろいろな「死」に想いを馳せるエッセイ集。ためらい、迷いながらそれでも進んで行こうとする著者の姿勢を僕は、大いに見習いたい。人が人として生きることってこういうことなのじゃないかなあ。2013/04/20

イワシ

1
この本のテーマはメメント・モリ。つまり「死を想え」だ。そうなると必然的に内省しなければならない。ふつうはそんなもん聞かされたってツマンナイだけだけど、森達也さんはドキュメンタリー作家だ。内省が現実と接地しなければならない立場の業種に属している。接地の結果、生まれるのは煩悶だ。「いったいこれは何なんだろう」から「はたして自分は正しいのか」に思考が変化する。その様子はスリリングだし、おもしろい。と、同時に「はたして自分は・・・」の問いが自分の頭の中にもうかんでくる。2012/08/09

saori

1
生はそこにあって、死はそこにあって、でもほんとうは死はどこにあるのか? 4か月で死んだワンちゃんは三分の一光年先では生きている、そして拡散している、という。この死生観に感動。結論のない文章。きれいに収まらない文章。いや、それでこそ森!と思う。くそとかばかとかつくくらいの正直者ゆえなのだと思います。だから信頼できる。世の中ってそんなに簡単に結論も判断もできないものだもんね。「A」も「A2」も面白い。また見たくなった。2012/02/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4620435

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。