角川つばさ文庫<br> 竜の国のミオウ 美桜、お姫さまになる

個数:1
紙書籍版価格 ¥682
  • Kinoppy
  • Reader

角川つばさ文庫
竜の国のミオウ 美桜、お姫さまになる

  • 著者名:日比生典成/玖珂つかさ
  • 価格 ¥682(本体¥620)
  • KADOKAWA(2014/04発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784046312075
  • NDC分類:K913

ファイル: /

内容説明

はじめての海外旅行で迷い込んだのは、大きな竜が飛ぶ世界。
ここは、どこ?
生まれたばかりの竜のこどもと友達になったわたしが次に出会ったのは、わたしにそっくりな女の子。
彼女、竜の国にお嫁にきたお姫さまなんだって。
わけあって、お姫さまと入れかわることになったわたしは、お城で竜に乗ったり、王子さまと接近したり、ちょっぴりいじわるなアイツとケンカしたり。
どっきどきのお城ライフのはじまり!小学中級から。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

雨巫女。

6
《私‐図書館》二人のミオウちゃん、可愛い。ケンタくんの竜力が、戻り元の世界に帰れますように。2012/11/11

こんこん

1
ラストは厳しくてもよかったんじゃ、と思うものの、逆にあれでスタンスを示した、とも。2012/02/18

珂南

0
竜の国へと迷いこんでしまったミオウのお話。なんとなく、読みながら千と千尋を想起した。設定は細かいけれど、ケンタの存在で、ミオウがミオウではないことがバレるのではないか、とか気になる点も。残った謎は、次巻で解消されるのかな。2013/04/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4516969

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす