ハーレクイン<br> 妻という名の囚人

個数:1
紙書籍版価格 ¥722
  • Kinoppy
  • Reader

ハーレクイン
妻という名の囚人

  • ISBN:9784596126801

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

あの男たちは私を狙っているのかしら? ペイジは夜のモスクワの町をひとり逃げまわった。社長秘書をつとめる彼女はボスの出張に同行中だが、一緒に来た妹の姿が見えず、仕方なく自分で捜すことにしたのだ。しかし、いかにも外国人といういでたちは、酔っ払いのかっこうの標的になってしまったらしい。ようやく暗闇に隠れたが、そこにいた男に体をつかまれ、ペイジは恐怖に息をのんだ。とうとうつかまってしまった!だが次の瞬間、深みのある声とともに唇を奪われ、うっとりとなった。「さあ、恋人同士を装ってやりすごすんだ。僕にキスをして」■セクシーなストーリーで人気のリン・レイ・ハリス。今月のヒーローは、ロシア皇族の血を引くアレクセイです。我を忘れるようなキスで身を守ってくれた彼は、実は憎むべき人だった! 豪奢な雰囲気もお楽しみください。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Mari

0
★★★2012/04/02

MOMO

0
ロマンス的には、悲しい過去を原動力にがんばったアレクセイ君も、一生懸命妹を育てている献身的なペイジちゃんも嫌いじゃあなかったので、結構楽しめたんだけど、ラストで、みんな幸せに・・・な雰囲気になってたのが、なぜか釈然としなかったのよ・・・確かに復讐は世代を超えてまでする必要はないけれど、和解への歩みよりは、できれば加害者サイドからして欲しいと思っていたせいかもね・・我が儘ピーな妹も、自分の言動をちっとも反省してないみたいだったしさ・・・  2012/02/09

みろん

0
上司の出張に付き従ってきた秘書と、ヒロイン上司の宿敵でもあるロシアのプリンスとのロマンス。 当の本人が亡くなってるんだから、復讐なんて世襲を超えてするものじゃない…。 展開がドラマチック! 人知れず一人で苦悩するヒーローの心中に、胸がきゅっ…! 2012/01/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4491246

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。