看取りの医者

個数:1
紙書籍版価格 ¥596
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価
  • ポイントキャンペーン

看取りの医者

  • 著者名:平野国美【著】
  • 価格 ¥594(本体¥550)
  • 特価 ¥415(本体¥385)
  • 小学館(2012/01発売)
  • 敬老の日!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~9/16)
  • ポイント 75pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

大竹しのぶ主演でテレビドラマ化決定!

終末期医療の訪問医が見届けた感動実話全9話。数多くの「看取り」を続けてきた医師が問う「人にとって最もふさわしい最期の場所」とは。
真の家族愛を描いたあの感動作がついに電子化。
そしてテレビドラマ化も決定。
著者は地方の開業医。
開業医といっても、この医院を訪ねてくる患者さんはほとんどいない。
なぜならこの医師は訪問専門の医者だから。
患者には末期ガンや脳梗塞を患う人が多く、これまで何百人という患者さんを看取ってきた。
その過程で人間にとって、本当に幸せな最期とは?
と、医師は常に考えるようになった。
本書ではその医師が経験してきたさまざまな「看取り」のなかから、せつなくも感動的な最期のカタチを、9編集めている。
どの話にも、私達がいま考えておかなければならないテーマがつまっていて、思わず涙するシーンが待っている。

目次

第1話 核家族の老後
第2話 呆けたふりをする老母
第3話 在宅死を拒否する人々
第4話 さまよう入院患者
第5話 自宅で死ぬということ
第6話 無手勝流の開業医
第7話 女子中学生の一言
第8話 新しい形の「終の棲家」
第9話 自宅で死のうよ