文春新書<br> 体制維新ー大阪都

個数:1
紙書籍版価格 ¥935
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

文春新書
体制維新ー大阪都

  • 著者名:橋下徹/堺屋太一
  • 価格 ¥770(本体¥700)
  • 文藝春秋(2012/06発売)
  • Kinoppy 電子書籍 全点ポイント25倍 5000円以上でボーナスクーポンGET!(~7/3)
  • ポイント 175pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784166608270
  • NDC分類:318.263

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

「よいことも悪いことも大阪からはじまる」といわれる。長引く経済の低迷、莫大な負債など、大阪を取り巻く情勢はまさに日本の縮図だ。そんな大阪が変われば、日本全体が変わる! いままでの改革はなぜ全て失敗してきたのか? どうして「大阪都」でなければならないのか。いま何をすべきか。橋下徹が掲げる「大阪都構想」は、大阪、そして日本革命の切り札となるか──その全貌を橋下徹と堺屋太一が論じ尽くし、衰退から成長への具体的な「オンリープラン」を提案する。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mitei

81
著者が大阪府をよくしたいという気持ちが伝わった。しかし全国に都構想は必要ないので他府県の国政選挙に打って出るのは辞めて欲しいなと思う。2012/04/30

Willie the Wildcat

42
「都構想」。根底に、日本への憂い。そして、海外を見据えた”拠点”作り。外政と内政。前者が中央と地方、後者が府と市町村。選択と集中。広域vs.基礎。同感。大阪市政は確かに若干異質性を感じる。一方、府知事時代の成果の客観性に欠ける点も、橋下氏への誤解・先入観の根源かもしれない。橋下氏自身の(時に)挑発的な言動、そしてそれを煽るかのようなメディア。結果、狭間で埋没する既成政党・・・。委ねられる府民・市民も傍迷惑かもしれない。票(府・市民の気持ち)が形となるか!様々な意味での試金石の今後に期待。2014/04/05

James Hayashi

34
橋下氏は当時大阪府知事。平松大阪市長と対立し、知事を辞職し市長に立候補当選。日本には東京という自治しかなく、未来への布石を打つ為、大改革を行う構想を抱いていた。大阪は入れ物としては小さいが、人口といい予算といい大きなものを持つ。しかし市と府でダブっているものが多く効率の悪さが目立つ。松井氏とのタッグでどう変わったのか追ってみたいが、今後の橋下氏の政治活動も気になる。中央集権で成り立ってきた戦後日本だが、時代の変化に対応するには道州制(は疑問)地方主権を進めていかなくては。2019/10/24

すやすや

26
近々、橋下さんの講演を聞くために予習。目標を達成するために手っ取り早い方法は環境を変えること、システムを変えること。我々がアメリカに住むことになったら、否が応でも英語を話すし、必死に勉強しようとする。橋下さんは、政策でこれをやるアレをやると言うのではなく、仕組みを変える、つまり環境を変えてしまうことを構想していたのである。一人が見れるはずもない膨大な業務を扱っている各種人々、中央集権国家を大阪から変えていきたいと望んでいたんでしょう。出来る人はリスクをとって前に進む、カッコいいと思います。2017/11/14

佐島楓

21
橋下氏のことを色眼鏡で見ていたなあと痛感。大変失礼いたしました。かなり大きなビジョンを抱いて都構想を持っているのだなと理解できたし、そのための布石を着々と打ってこられたのもなかなか凄いと感心しました。東京人としては大阪の行政システムがこんなに東京と違うのかとも驚いたのもあります。組織マネジメントが機能しない民主党はだめだというところでは大きく首肯。頑張っていただきたいです。2011/12/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4333526

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。