創元推理文庫<br> 人魚は空に還る

個数:1
紙書籍版価格 ¥748
  • Kinoppy
  • Reader

創元推理文庫
人魚は空に還る

  • 著者名:三木笙子【著】
  • 価格 ¥605(本体¥550)
  • 東京創元社(2012/09発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784488421113

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

「しずくは空に昇ってみたい」富豪の夫人に売られてゆくことが決まった見せ物小屋の人魚が、最後に口にした願いは観覧車へ乗ることだった。しかし観覧車の頂上で人魚はしゃぼん玉の泡のように消えてしまい――(表題作「人魚は空に還る」)。風のように身軽で変装の名人、そして鮮やかな盗みっぷりで世間を風靡する怪盗ロータス。予告状に示された次の狙いは大邸宅の主人が集めた洋画だった――(「怪盗ロータス」)。明治の世に生きる心優しき雑誌記者と超絶美形の天才絵師、ふたりの青年が贈る帝都物語。人情味あふれる五篇を収録したデビュー作品集。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

三代目 びあだいまおう

251
表題作含む4+1編の短編集。舞台は明治末期。小さな出版社の記者と、手掛けた美人画が悉く超絶人気となるこれまた超絶美形の天才絵師が主人公。明治帝都で起こる日常の事件や謎を2人の好奇心が紐解いてゆくストーリー。設定はなかなかです!解決後も犯人や犯行をあまり罰せず、人情を大事にした結末が多いのも読後の心地よい締まりに繋がっています。解説の『世界と人と謎解きと···三拍子揃った短編集の“完全版”』は誇張しすぎに思いますが...時折場面転換の突然さに戸惑うこと幾度か。著者デビュー作とのこと、以降に期待したい‼️🙇2020/05/18

yu

90
Kindleにて読了。シリーズものとは知らずに。表題作が一番好きかな。2019/01/08

papako

65
なんとなく見かけて気になって。なかなか楽しめた。超絶美形の絵師、礼と雑誌記者の高広。二人を結ぶものは『ホームズ』礼の性格がなかなか可愛らしくて好きです。イケメンでこの性格。こんな礼くんに懐かれたら、高広くんも、そりゃ謎の一つも解かなきゃね。地味な話と謎だけど、途中読みにくいところもあったけど、二人のやりとりがよくて、楽しめた。表題作が好きだなぁ。ただ、無理くりホームズひっかけなくても良いのにな。2018/09/13

アン

54
明治時代の帝都、雑誌編集者・高弘と美形の天才絵師・礼がホームズとワトソンよろしく事件を紐解いて行く。腰が低く、心優しい高弘がホームズで高飛車な礼がワトソン役の意外性に驚いた。平凡だと侮るなかれ、高弘の洞察力と閃き力は高い。ただ、とても優しく腰が低いからハイスペックな感じがしないだけ。誠実な人柄は好感が持てる人物でした。短編なので読みやすいが、淡々と進む感じでワクワクするような事件でも謎解きでもなかった。とはいえ、このコンビは好みなので今後の活躍も読んでいきたい。2017/04/24

つたもみじ

46
文庫版で再読。1話…多いよね? 時は明治、至楽社に務める記者:里見高広と、帝都一の天才絵師:有村礼の二人が帝都で起きる事件の謎を解く連作短篇集。ミステリとしては軽く、謎解きとしては少々物足りない。自分がホームズ役だなんてとんでもないと消極的な高広を、ホームズ物を贔屓とする礼が焚きつけて焚きつけて…まあ、なんと迷惑なワトソンがいたことか(笑) 殺伐とした事件は起こらず、犯人を糾弾するだけではなく、どこかほっこりとする読了感。(感想同文)2013/10/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4141342

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。