新潮選書<br> 義理と人情 - 長谷川伸と日本人のこころ

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,296
  • Kinoppy
  • Reader

新潮選書
義理と人情 - 長谷川伸と日本人のこころ

  • 著者名:山折哲雄
  • 価格 ¥950(本体¥880)
  • 新潮社(2012/04発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

『瞼の母』『一本刀土俵入』『日本捕虜志』などで知られる明治生まれの大衆作家・長谷川伸。終生、アウトローや敗者の視線を持ち続け、日本人のこころの奥底に横たわる倫理観、道徳感覚に光を当てた。その作品を読み直し、現代の日本人に忘れ去られた「弱者へのヒューマニズム」「含羞を帯びた反権力」の生き様を考察。

目次

『夜もすがら検校』と『沓掛時次郎』
『瞼の母』
『一本刀土俵入』
武士道、町人道、任侠道
仇討
ごろつき
神ではなく人間を信じた
『日本捕虜志』
「たたかい」とは何か
義理と人情
埋もれた人々を掘り出したい