3・11後の世界の心の守り方 「非現実」から「現実」へ

個数:1
紙書籍版価格
¥1,100
  • 電子書籍
  • Reader

3・11後の世界の心の守り方 「非現実」から「現実」へ

  • ISBN:9784799310366

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

事故という未曾有の、まさに国難をうけて、多くの識者が、インターネットで、新聞雑誌で、テレビで、そして、書籍で、さまざまな立場、観点から語っています。
そんななかで、今もっとも注目される異色の青年僧侶、小池龍之介さんは説きます。
「今回の大地震、大津波、そして、原発事故──このたいへん痛ましい事態に、もし、救いを見出すことができるとしたら、これを、私たちがこれまで幸福だと思い込んできたものが、じつはそうではなかった、ということに気づき、ほんとうの幸福、すなわち、<心が安らいでいられること>へと、私たちの価値観を転換させていくチャンスとすることができるのではないかということです」
わたしたち一人ひとりが、その苦しみから脱していくための第一章、わたしたちのなかに思いがけず芽生えた他人に対するやさしさを「慈悲」の心に育てる方法を説く第二章、そして、これを「そもそもわたしたちの幸福とは何だったのか」と考え直す機会とするための第三章まで、厳しくも愛に溢れた著者の言葉に、きっと明日を開く勇気と実践的視点が得られることでしょう。

目次

第1章 心に突き刺さった第二の矢を抜き去るために(「災害に遭うこと」=「嘆かわしいこと」? 起きてしまったのなら、心の二次被害を起こさぬように 「自粛」のなかからすくいあげられる最良の精神 ほか)
第2章 慈悲の偽の偽物の育て方(募金や寄付やボランティアは偽善か? 「やさしい」気持ちになれるときとなれないとき 赤の他人にはやさしくなれても、身近な人にはやさしくなれない ほか)
第3章 「幸福」の定義が変わるとき(快感イコール幸福という思い込みのなかで 「快感」獲得の歴史 「快感」が過剰になると、かえって欠乏感が増す? ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

りえこ

18
とても読みやすくわかりやすかったです。現代社会の弊害。2016/09/20

文章で飯を食う

13
震災後の時期に、あえて、このような本を出版したことは、すごいことだと思う。著者には人間の幸不幸が、事実として見えているのでしょ。みんながプチ修行者になっていけば、ずいぶんと穏やかで良い世の中になって行くでしょう。で、まずは、自分から、実践ですね。2018/02/04

ゴミ

2
改めて文章として読むと当たり前なことも深い、と思ってしまうのはこの本にある通りに非現実に浸り過ぎてしまってるなと気づく。2012/10/09

arodexi

2
常日頃気になっていた情報のインとアウトの量のバランスがやっぱりおかしくなっていると気づかされました。思っていることが言語化されると気持ち良いですね。穏やかな文章でゆっくり読むことができました。また近いうちに再読しようと思います。2012/03/12

yamaneko*

2
普段、なんとなくうやむやと感じていたことをスッキリ言葉で表現してもらった感じがしました。便利過ぎる世の中では、人間の神経の方が参ってしまう気がします。 意識的に同じリズムで生活し、単純だけど生活に密着した作業をすることは、精神を整える上でも大事だと思います。2011/11/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4052995
  • ご注意事項