サイゼリヤ革命―世界中どこにもない“本物”のレストランチェーン誕生秘話

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,026
  • Kinoppy
  • Reader

サイゼリヤ革命―世界中どこにもない“本物”のレストランチェーン誕生秘話

  • 著者名:山口芳生
  • 価格 ¥925(本体¥857)
  • 柴田書店(2011/08発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

萎縮する外食業界で気を吐くサイゼリヤ。その強さの秘密、着々と展開する企業力を念入りな取材で解き明かす――。10店舗程度の規模で大手メーカーにPBを依頼、「いずれ200店を超すから一緒に大きくなろう」と大企業相手に平然としたもの。その通りになった。どころか、国内1000店構想も目前だ。大風呂敷を現実にするのがサイゼリヤの創業者・正垣泰彦氏。順風満帆かと言えば、そうではない。創業店が火事で丸焼け、そこからの出発だ。で、『3.11』同社の心臓部、福島・白河高原農場および工場も被害甚大。だが、すぐに仙台で塩害に強いトマトの栽培指導に動き出した。チェーン企業だからできる、これが正垣氏の考える支援策なのだ。20年近く取材し続けた気鋭の著者がサイゼリヤを徹底解剖!!

目次

1 原理原則(サイゼリヤは安い!!―でも、安くするのはホントはむずかしい;味と品質―コントロールすればおいしくなるのだが…;安さとおいしさ―要件を満たすために作業効率・生産性を高める)
2 科学する脳(バーチカルMDとは!?―根っこの部分を掘り起こし、根源から取り組む;経営理念と哲学―会社経営は改善、改善の連続で成り立つ;サイゼリヤ誕生―こいつに商売させたら絶対、成功する!!)
3 飛躍へのステップ(人間・正垣泰彦の魅力―『人のために』を考えると力が湧いてくる;成長の軌跡―外食業にない概念の導入でさらなる躍進へ;海外戦略と試行錯誤のFFS―『失敗を重ねなきゃ、成功なんてあり得ないよ』)