はるかぜちゃんのしっぽ(ω)

個数:1
紙書籍版価格
¥1,320
  • 電子書籍
  • Reader

はるかぜちゃんのしっぽ(ω)

  • 著者名:春名風花
  • 価格 ¥1,039(本体¥945)
  • 太田出版(2011/09発売)
  • ポイント 9pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784778312695
  • NDC分類:779.9

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

Twitterで話題沸騰中ののはるかぜちゃんこと、春名風花が、1年間にわたってつぶやき続けてきた1万5千(2011年8月1日現在)を超えるツイートの中から厳選したつぶやきをまとめました!さらに各ツイートに今の気持ちをコメントとして掲載。子どもも大人も夢中になるはるかぜちゃんワールドへようこそ!

目次

家族とはるかぜちゃん
お仕事とはるかぜちゃん
学校とはるかぜちゃん
友だちとはるかぜちゃん
はるかぜちゃんのすきなもの
規制とはるかぜちゃん
ネットとはるかぜちゃん
はるかぜちゃんの日常
子どもらしさとはるかぜちゃん
男の子とはるかぜちゃん
死とはるかぜちゃん
震災とはるかぜちゃん
ルールとはるかぜちゃん
ぼくとはるかぜちゃん

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

セビィ

6
何を何故そのように考えるのかを自分の言葉で書き表す。その表現形式が、はるかぜちゃんにとっては、決まりきったお題に基づいて白紙を鉛筆で埋めていく作文なのではなく、140字以内の自由なひとり言会話システムのtwitterであった。形式が何であれ、自分の考えを持ち、言葉にして残すことは、人から見ても考えを持っていることが明白で、自らの考えを共有したり、互いを知るための1つの手段である。こうしたことを小難しくならずに、日常的に行っているはるかぜちゃん。見た目で人を判断してはまずいことも教えてくれる楽しい1冊。2012/06/24

こちょちょ

5
すごい人。はるかぜちゃんもままも尊敬。笑えたし泣けた。年齢関係なく、子供に一人の人間として接したいと思えた。子育てや命など、大切なこと一杯書いてあります。あと、天下一品食べてみたくなった♪2012/08/12

薬袋砂名

4
自分が小学4年生だった頃にこんなしっかりとした考えは出来ただろうか。正直今でもできているかわからない。小学生だからこそわかる、正直に言える。今更ながらはるかぜちゃんのこの本を読んで沢山学び、考えさせられました。是非とも大人にも子どもにも読んで欲しい本であります。2012/12/02

紗世

4
ものごとをしっかり見つめ、いろいろ考えているなあと思った。少なくとも私の倍以上は頭を働かせているだろう。人の考え方はそれぞれで、どれが正しいとは言えないが、何を思うにせよ、これくらいきちんと考えるべきなのだろうと思った。文章は非常に読みにくいが、これに関しては本人が文中で述べているので文句をつけることはできないし、かわいいことも私には否定できない。読んでいて一番驚いたのは現在の小学校のシステムだ。十年ほどの間にずいぶん変わってしまったようだ。なんと窮屈でよくわからないルールだろうか。小学校はどうなるのか。2012/11/11

who_you_ca

4
大人から子どもまで、みんなに読んでもらいたいと思う本。とくに子どもには小さいときから読んで考えてもらいたい。真面目な話のなかにギャグがまざって楽しく読めます(ω)2012/11/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4053283
  • ご注意事項