山と溪谷社<br> 私の南アルプス

個数:1
紙書籍版価格 ¥968
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

山と溪谷社
私の南アルプス

  • 著者名:不破哲三
  • 価格 ¥774(本体¥704)
  • 山と溪谷社(2014/07発売)
  • 初夏のKinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~5/31)
  • ポイント 210pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

著者が日本共産党委員長として多忙を極めていた当時、政治とは対極にあるような山を舞台に、しかも玄人好みの南アルプスに、毎夏、通っていたころの山の紀行文を集めた読みもの。
3部で構成されており、序章に「山への思いを語る」と題して、まず山の魅力、特に丹沢から道志、そして南アルプスに惹かれた経緯が述べられます。 続いて1部は「南アルプス縦走の日々」として、甲斐駒ヶ岳や北岳などの北部から聖岳、光岳などの南部まで4回に分けて縦走した山行の紀行が綴られ、2部は「花と歴史と展望と」と題して、仙丈ヶ岳、北岳、鳳凰三山、白峰三山と各山域ごとに取り上げ、その特徴を綴ったエッセイとなっています。
1998年に刊行され、長らく品切れが続いておりましたが、このたびヤマケイ文庫として文庫化いたします。

目次

序章 山への思いを語る

第一章 南アルプス縦走の日々
終わり晴れれば雨もよし 荒川三山・赤石岳
炎天渇水の稜線を歩く 塩見岳・間ノ岳・北岳
雨にも負けず風にも負けず 聖岳・上河内岳・易老岳
お山はやっぱり晴れがいい 甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳

第二章 花と歴史と展望と
南アルプスへの転機
仙丈ヶ岳
北岳
鳳凰三山
白鳳三山

あとがき