官僚の責任

個数:1
紙書籍版価格 ¥792
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

官僚の責任

  • 著者名:古賀茂明
  • 価格 ¥679(本体¥618)
  • PHP研究所(2011/07発売)
  • 2月最後の週末!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~2/28)
  • ポイント 180pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

志をもって入省したはずの有能な官僚が、なぜバカになるのか?政官界から恐れられた改革派の急先鋒が、霞が関の隠された生態を暴く。

【著者紹介】
元国家公務員制度改革推進本部事務局審議官

目次

第1章 「政治主導」が招いた未曾有の危機(早まった日本崩壊のカウントダウン テレビドラマ程度の対応策すら実行できなかった政府 ほか)
第2章 官僚たちよ、いいかげんにしろ(発送電の分離は十五年前からの課題だった 原発事故の一因は経産省の不作為にあり ほか)
第3章 官僚はなぜ堕落するのか(改革派から守旧派へ転じた経産省 規制を守ることが使命という「気分」 ほか)
第4章 待ったなしの公務員制度改革(増税しなければ国は破綻するという脅し 官僚一人のリストラで失業者五人が救われる ほか)
第5章 バラマキはやめ、増税ではなく成長に命を賭けよ(ちょっとかわいそうな人は救わない 年金支給は八十歳から? ほか)