日本国境戦争 21世紀・日本の海をめぐる攻防

個数:1
紙書籍版価格 ¥788
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価

日本国境戦争 21世紀・日本の海をめぐる攻防

  • 著者名:山田吉彦【著】
  • 価格 ¥756(本体¥700)
  • 特価 ¥378(本体¥350)
  • SBクリエイティブ(2015/05発売)
  • ポイント 3pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

尖閣事件は決して突発的に起こったものではない。日本の国力低下に比例するかのように領土・領海を巡る攻防は近年激しさを増している。“海上の国境”を巡る日本、中国、台湾、韓国、北朝鮮、ロシアそれぞれの思惑と攻防を描き、日本の選ぶべき道を提言する。
2001年12月、冬の日本海に北朝鮮不審船が出現。海上保安庁は戦後50余年の禁を破り、初めて“敵性艦”に対して発砲、交戦状態となりました。以来10年、日本の海を巡る情勢は大きく動きました。尖閣諸島、竹島、北方領土といった領土と周辺領海は、常に一触即発の状況下にありますが、海の上の国境は一般の人々の目に触れることもなく、それを巡る攻防もまた、これまであまり多くは語られてきませんでした。領海を入れれば世界第6位の面積を誇る海洋国家日本の全容と、“海の上の国境”を巡る周辺諸国の利権とプライド。先見無き日本政治の迷走と、各国のしたたかな戦略。尖閣問題でマスコミから引っ張りだことなった著者が、これまで知られることのなかったさまざまな現実と、海洋国家として日本が取るべき戦略などについて、すべてを語っています。

目次

第1章 仕組まれた衝突―尖閣事件の全容(日中衝突は偶発事故ではない 中国の海上警備方針の転換 2010年、中国は海洋強国への道を歩き出した ほか)<br/>第2章 日本国境戦争10年の攻防(日本人の愛国心を読み間違った中国 日本は国境問題を抱えた紛争当事国 北朝鮮工作船との戦い ほか)<br/>第3章 尖閣、竹島、北方領土―日本の海はこうして守れ!(与那国島の防空識別圏見直し 与那国島と台湾は同じ文化・経済圏 台湾の本音は親日 ほか)