講談社文庫<br> カラスの親指 by rule of CROW’s thumb

個数:1
紙書籍版価格 ¥946
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

講談社文庫
カラスの親指 by rule of CROW’s thumb

  • 著者名:道尾秀介【著】
  • 価格 ¥946(本体¥860)
  • 講談社(2012/09発売)
  • たのしいひな祭り!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~3/3)
  • ポイント 240pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784062769778

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

人生に敗れ、詐欺を生業として生きる中年二人組。ある日、彼らの生活に一人の少女が舞い込む。やがて同居人は増え、5人と1匹に。「他人同士」の奇妙な生活が始まったが、残酷な過去は彼らを離さない。各々の人生を懸け、彼らが企てた大計画とは? 息もつかせぬ驚愕の逆転劇、そして感動の結末。道尾秀介の真骨頂がここに! 最初の直木賞ノミネート作品、第62回日本推理作家協会賞受賞作品。(講談社文庫)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

1248
道尾 秀介は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。新作の『カエルの小指-a murder of crows』を読む前に、未読の本書を読みました。ザッツ・エンタテインメントといった作品です。伊坂 幸太郎に近いモノを感じました。続いて『カエルの小指-a murder of crows』へ。2019/11/27

サム・ミイラ

1066
違和感のあるタイトルも読了後はつくづくよく出来てるなあと感心してしまいます。人の繋がりや人生の辛さ温かさをこんなにも面白く素晴らしく描いてくれてありがとう。気持ちよく騙してくれてありがとう!くそ~!と言いたくなる良作。映画も良かったけれどやっぱり小説で補完すべき作品ですね。ネタバレになるけどこのどんでん返しに次ぐどんでん返しはまさに日本版スティング!超一級のエンターテイメント作品です。2014/05/24

とも

1026
大どんでん返し。ヤラレタ。「向日葵の咲かない夏」に続いての道尾秀介。前作はガッカリさせられた一冊だったので、今回も期待薄で読んでたけど、こりゃ面白い。散りばめられた伏線と回収。予想を裏切る結末。いやぁヤラレタ。次に読む道尾秀介の一冊にも期待大となりました。2016/11/21

ehirano1

1024
解説を読んで、当方は著者の思う壺であったことを確信。しかし、著者にやられたという敗北感はなく、著者の世界を(良い意味で騙されたことも含め)十二分に堪能できたという感が強いです。2019/02/16

遥かなる想い

832
第62回日本推理作家協会賞受賞。中年二人と少女。そしてさらに二人で企てたペテン。 取立ての加害者と被害者という残酷な過去を背景に 読者を軽快に巻き込みながら、最後のドンデン返し。道尾秀介の才能に見事にひっかかった。 (2009年このミス国内第六位)2011/09/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3362006
  • ご注意事項