はじめに言葉ありきおわりに言葉ありき

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,512
  • Kinoppy
  • Reader

はじめに言葉ありきおわりに言葉ありき

  • 著者名:島地勝彦
  • 価格 ¥972(本体¥900)
  • 二見書房(2011/07発売)
  • ポイント 9pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

本番の恋愛を経験するには、スポーツと同じように数々のウォーミング・アップが必要である。/オッパイの大きい女は決してバカではない。/おしゃべりな奴ほど口が堅い。/ノータッチ以外のゴルフは真のゴルフではない。/酒は飲めないより飲めたほうがいい。飲めなければ話術で人を呑め。/プレイボーイには巨根がいない。/編集長は、寿司屋のマグロと同じでそのときの時価である。/男と女は誤解して愛し合い、理解して別れる。/青春時代の大風呂敷は大きいほど美しい。………他、真摯哄笑上半身下半身高貴俗世ウィットユーモア縦横無尽の情念あふれた言葉と文章の数々に酔え!

目次

はじめに言葉ありき。
秘密は二人だけで共有できている間は妖しい宝石のように輝いているものだ。
オッパイの大きい女は決してバカではない。
へこんだときこそ、飛躍する瞬間なのである
社長の最大の仕事は、その次の社長を選ぶことである。
本は速く読むとすぐ忘れてしまい、遅くゆっくり読むとなかなか忘れないものだ
人を待たせるより、待ったほうがいい。
いつも心のなかで三つの願いを唱えていろ。
一度別れた女と再びHをしてヤケボックイに火をつけてはいけない。
悔しいときは、奥歯を噛みしめて笑え。〔ほか〕