原発報道とメディア

個数:1
紙書籍版価格 ¥820
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価

原発報道とメディア

  • 著者名:武田徹
  • 価格 ¥702(本体¥650)
  • 特価 ¥351(本体¥325)
  • 講談社(2011/08発売)
  • ポイント 3pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

ジャーナリズムはこれから「社会の安全・安心」「原発」について、どう伝え、語りうるか? 話題の『私たちはこうして「原発大国」を選んだ 増補版「核」論』著者による、渾身の論考。

目次

第1部 安全・安心を考え直す(守るべきは「基本財としての安全と安心」;ジャーナリズムの公共性を巡って;「知らせること」は正義なのか;「警鐘を鳴らすジャーナリズム」の神話;グレーゾーンの報道)
第2部 マスメディアとネットメディア(原発事故とツイッター;新しいメディア地図を描く;「情報操作」の現在景)
第3部 グーグルから遠く離れて(マスメディアと反検索型ジャーナリズム;それでもジャーナリストになりたいあなたへ)