ここ一番に強い男、持ってる男

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,430
  • Kinoppy
  • Reader

ここ一番に強い男、持ってる男

  • 著者名:竹内一郎
  • 価格 ¥1,200(本体¥1,091)
  • PHP研究所(2014/03発売)
  • ポイント 10pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

誰の人生にも「ここ一番」という時期や場面はかならずあります。著者は、「一生の一場面一場面が「ここ一番」であり、「今日ただ今」の「ここ一番」の連続だ。そこで力を出して勝ちを拾っていけるか、負け続けるかでどうかで人生は決まる」と言います。あなたはどうでしょうか? 大事なときに力を出せる男、言い換えれば「持ってる男」と「いつも力が出せない男」は、何が違うのでしょうか。本書は、その答えを野球や将棋、ビジネスや政治の世界、あるいは戦争の実例に求め、丹念に分析しながら解き明かしていきます。ふだんはそうでもないのだけれど、ここ一番というときにはなぜかきちんと力を出せる人っていますよね。はたまた、そういうときには必ず失敗してしまう人もいます。できるならここ一番に強い男、持ってる男になりたいものです。『人は見た目が9割』の著者が、見た目よりも大切な資質としてあげたのが「ここ一番に強い」ということ。あなたがこのところ大事なときにうまくやれていないなと感じているなら、ぜひ読みたい1冊です。

目次

第1章 今がここ一番(誰の人生にもここ一番がある 受け身と勝ち方をはじめに知れ ほか)<br/>第2章 負け方を知っておく(信念は「ツキ」の憲法である 勝者と敗者の哲学をあわせ持て ほか)<br/>第3章 腹を据える覚悟を持つ(自信の持てる運と勘を養おう 腹の据え方で勝負は決まる! ほか)<br/>第4章 ここ一番に強い体質をつくる(ストレスに強い男、弱い男 ホームかアウェイかを考えて身を処す ほか)<br/>第5章 自分の戦い方を身につけよ(裸の自分と出会おう 自分の「フォーム」を崩すな ほか)<br/>終章 目先の勝負に負けず、持ってる男になれ(一大事とは今日ただ今の事なり)