予防接種は「効く」のか? - ワクチン嫌いを考える

個数:1
紙書籍版価格 ¥814
  • Kinoppy
  • Reader

予防接種は「効く」のか? - ワクチン嫌いを考える

  • 著者名:岩田健太郎
  • 価格 ¥726(本体¥660)
  • 光文社(2014/02発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784334035983

ファイル: /

内容説明

効果、副作用、制度、陰謀論……本当のところどうなの?の疑問に感染症界のエースが答えます。ワクチン問題の好き嫌いと正邪を切り離し、読者を新たな視点に導く新しいワクチン論。

目次

1章 ワクチンをめぐる、日本のお寒い現状
2章 ワクチンとは「あいまいな事象」である
3章 感染症とワクチンの日本史―戦後の突貫工事
4章 京都と島根のジフテリア事件―ワクチン禍を振り返る
5章 アメリカにおける「アメリカ的でない」予防接種制度に学ぶ
6章 1976年の豚インフルエンザ―アメリカの手痛い失敗
7章 ポリオ生ワクチン緊急輸入という英断―日本の成功例
8章 「副作用」とは何なのか?9章 「インフルエンザワクチン」は効かないのか?―前橋レポートを再読する
10章 ワクチン嫌いにつける薬

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ユウユウ

22
あとがきより「ワクチンの問題の「好悪」の部分と「正邪」の部分を切り離すことに、エネルギーを費やしました。」 予防接種に対する心的アレルギーが何故起きるかや実際の過去の事例を挙げて考えさせるような内容。 自分がなぜワクチンを「怖い」と感じてしまうか、知りたい人に考える材料をくれる本です。2021/03/24

こも 零細企業営業

21
ワクチンへの基礎知識と歴史の知識を得るきっかけには非常に良い本だと思う。 多分、しょっちゅう開く本になるだろうな。2020/09/05

ふろんた

21
予防接種による効果があるのか、また重篤な副作用はどの程度起こりうるのか。本書を読んだだけでは結論を出せないし、調べてみてもきりがない。感情的な好悪で判断しないことと、副作用と副反応の混同だけは気にかけようと思った。2014/10/20

カイ

17
結論からいうと、このタイトルに対する答えはYES、NOどちらでもない。中でも「ワクチンとはシートベルトのようなもの」といった表現には同感。シートベルトもしてもしなくても事故の被害は起こりうるものだからだ。この論理に違いはない。また、ワクチンのダブルバインド状態についてもよくある話だと感じる。A、Bいずれを選んでも非難される状態であり、これは大人の世界ではよくあることだ。つまり、ワクチンに対する考え方や解釈について学べる一冊であるということ。2016/03/22

文章で飯を食う

17
素晴らしくまっとうな本。みんなが、著者のように落ち着いた態度で、物事に当たれば、世の中は地道に良くなって行くと思うのだが。信念の人の副作用の方が、ワクチンの副作用より、強いと思うね。2014/08/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1658629

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。