文春文庫<br> 奇祭の果て - 鍋かむり祭の殺人

個数:1
紙書籍版価格
¥565
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

文春文庫
奇祭の果て - 鍋かむり祭の殺人

  • 著者名:西村京太郎
  • 価格 ¥565(本体¥514)
  • 文藝春秋(2013/12発売)
  • 夏休みは読書三昧!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~7/21)
  • ポイント 125pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784167454388
  • NDC分類:913.6

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

十津川警部「祭り」シリーズ、遂に電子化!

六本木のホテルで殺された人気女優の顔には鉄製の鍋、目黒のマンションで死体で発見された有名クラブのママの顔には紙製の釜が被せられていた。2人の共通項は30代の美人で資産家、離婚歴そして派手な男付き合い。芸能界、政財界を巻き込んだ巨大スキャンダルには多すぎる容疑者が。十津川警部・「祭り」シリーズ第7弾。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

MASA123

8
平成19年(2007年)の作品。奇妙な連続殺人を追って、十津川警部&亀井刑事は、「鍋かむり祭り」の地へ旅立つ。こんな奇祭があるなんて、初めて知った。謂れが謂れだけに、観光PRできない祭りですね。本作は、鉄道も時刻表トリックもでてこないのでトラベルミステリーではなくて、十津川警部「祭り」シリーズとなっている。これが第7弾。ほかの「祭り」シリーズもあるようだ。実在する珍しい祭りに、作者はかなり興味をもったようですね。 2024/07/05

竹本明

1
人気女優が六本木のホテルで殺された。 死体の顔には鉄の鍋がかぶされていた。 また続けて起こる第2の殺人には、紙で作られた釜がかぶされていた。 十津川警部シリーズの作品である。 事件の展開、また解決へ流れの中で見えてくる犯人の動機、十分楽しめる作品であった。2008/05/24

kaizen@名古屋de朝活読書会

1
鍋かむり祭の殺人」という副題がついている。 日本の文化を知るのによい。 滋賀県の米原にある筑摩神社のお祭り。 日本の三大奇祭だとのこと。 山城の県祭り,越中の尻叩き祭りとの3つとのこと。 関係した男の数さけ鍋か釜をかぶるとのこと。 たしかに,奇祭だ。2012/02/16

シーラ

0
緑色の狩衣をきた少女が鍋をかぶる姿が可愛い「鍋冠祭」をも殺人事件に。ミステリ作家は業が深いなぁ。2012/03/24

にしき

0
『犯人』が完璧だと思う女性が存在するのかどうか。おいおいまさか「ただし美女に限る」とか言わないでおくれよ……。2013/07/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1712243
  • ご注意事項