生きられる孤独

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,160
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

生きられる孤独

  • 著者名:芹沢俊介/須永和宏
  • 価格 ¥1,645(本体¥1,524)
  • 東京シューレ出版(2010/09発売)
  • ゴールデンウィーク Kinoppy全点ポイント25倍キャンペーン(~5/7)
  • ポイント 375pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

「生きられない孤独」から「生きるための孤独」へ。
いま、子ども・若者が生きていくためになにが必要か。
孤独を抱えている子どもや若者が抱えているものに対して、しっかりと向き合うための一つの答えが、ここに。長きにわたり子どもの犯罪や家族の問題などに対して鋭く分析してきた芹沢俊介と、家庭裁判所調査官として子どもや若者、家族と臨床現場で向き合ってきた、現大学教授の須永和宏による二人の往復書簡。子どもの視点に立つ2人が、子どもや家族にまつわる様々な出来事を鋭く分析し、根底にある問題をしっかりと引き出します。

目次

ゼロトレランス
バトルロワイヤル状況
「怒り」の感情
親殺しに先行する子殺し
親子のボタンのかけ違い
秋葉原の事件から
十四歳のバスジャック事件から
教育家族
不登校
発達障害
自閉症の子どもたち
『自閉症だったわたしへ』から
トイレで食事をするが