学研M文庫<br> 真説 岡田以蔵 - 幕末暗殺史に名を刻んだ「人斬り」の実像

個数:1
紙書籍版価格 ¥817
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

学研M文庫
真説 岡田以蔵 - 幕末暗殺史に名を刻んだ「人斬り」の実像

  • 著者名:菊地明
  • 価格 ¥735(本体¥669)
  • 学研(2011/08発売)
  • 新年度スタート!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン!(~4/5)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

新たな時代に生まれ変わろうとする幕末期、土佐の郷士として生まれた岡田以蔵。武市半平太を師と仰ぎ、武市と土佐勤王党の目指す新時代のため「人斬り」となるも二十八歳で斬首された以蔵。本書では残されたわずかな史資料を丁寧に追い、青年の真実に迫る。

目次

第1章 以蔵という男(以蔵誕生;岡田家足軽説 ほか)
第2章 土佐勤王党(土佐勤王党結成;結成日の謎 ほか)
第3章 「人斬り」以蔵(参勤交代;麻疹の流行 ほか)
第4章 以蔵と龍馬(江戸到着;坂本龍馬との再会 ほか)
第5章 以蔵の最期(山内容堂;山内容堂と土佐勤王党 ほか)