ちくま新書<br> 武士道 - 現代語訳

個数:1
紙書籍版価格 ¥842
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ちくま新書
武士道 - 現代語訳

  • 著者名:新渡戸稲造/山本博文
  • 価格 ¥702(本体¥650)
  • 筑摩書房(2014/01発売)
  • 深まる秋に!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~11/18)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

日本人は、宗教なしに道徳をどう学ぶのか―こうした外国人の疑問を受け英文で書かれた本書は、世界的ベストセラーとなった。私たちの道徳観を支えている「武士道」の源泉を、神道、仏教、儒教のなかに探り、普遍性をもつ思想であることを鮮やかに示す。日本文化論の嚆矢たる一冊を清新かつ平明な現代語訳と解説で甦らせる。

目次

道徳体系としての武士道
武士道の源泉
義―あるいは正義について
勇気―勇敢と忍耐の精神
仁―惻隠の心

信と誠
名誉
忠義
武士の教育
克己
切腹と敵討の制度
刀、武士の魂
女性の教育と地位
武士道の影響
武士道はまだ生きているか
武士道の未来