死を忘れた日本人 : どこに「死に支え」を求めるか

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,620
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

死を忘れた日本人 : どこに「死に支え」を求めるか

  • 著者名:中川恵一【著】
  • 価格 ¥1,134(本体¥1,050)
  • 朝日出版社(2014/07発売)
  • Kinoppy年末大感謝祭!電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~12/16)
  • ポイント 300pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

伝統も宗教も失って、無力に死に直面する日本人に救いはあるか。どこに「死に支え」を求めるか、がん専門医が、2万人の治療に関わって考えたこと。

目次

序 「死に支え」がない国、日本
1 私たちのカラダは星のかけら-宇宙の誕生と死
2 絶対時間と私の時間-「永遠」と「一瞬の人生」
3 進化の中で、「死」が生まれた-もともと、寿命などなかった
4 大脳が生んだ宗教-死を飼い慣らすために
5 死のプロセス-多細胞生物の死
6 死の決定をめぐって
7 「がんによる死」の正体-がんの進化論
8 宗教なき時代の死の受容-何を怖がっているのか