新総合読本<br> 身近な発明の話

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,540
  • Kinoppy
  • Reader

新総合読本
身近な発明の話

  • 著者名:板倉聖宣
  • 価格 ¥1,232(本体¥1,120)
  • 仮説社(2010/04発売)
  • ポイント 11pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784773502176
  • NDC分類:507.1

ファイル: /

内容説明

「新総合読本」は,知らなくてもいいけど知っていると確かに役立つ,世界が広がる……そんな知識を教えてくれる読みものです。学年や教科を問わず,理科・社会科・道徳・ホームルーム・図工・算数・数学・英語・国語……と,いろんな時間に使えます。もちろん1人で読んでも楽しめます。お話のくわしい解説もついています。

 第5巻では石灰,コンニャク,電磁石など,私たちの身の回りにある身近なものに関するお話を集めてみました。

★★ もくじ ★★
・潜水コップで水の中にもぐったら
・不思議な石,石灰石
・石灰の日本史
・コンニャク発明ものがたり
・笑気の発明発見物語
・世界最初の電磁石
・〈自動改札〉のなぞ
※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

目次

潜水コップで水の中にもぐったら
不思議な石、石灰石―はじめての鉱物学と化学
石灰の日本史―“天国のようなシックイ壁”から“貝塚の発見”まで
コンニャク発明ものがたり
笑気の発明発見物語
世界最初の電磁石―実験好きの靴屋さん、スタージョンさんの大発明
“自動改札”のなぞ―ICカードの通信の仕組み