メガホリズム - 組織に巣食う原罪

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,836
  • Kinoppy
  • Reader

メガホリズム - 組織に巣食う原罪


ファイル: /

内容説明

「社保庁」「JR西日本」「船場吉兆」「大分県教育委員会」「雪印」「パロマ」等、組織人が起こした事件の症例を組織心理学が読み解く。

目次

第1部 巨大化する組織と交わった人間の病「メガホリズム」(「リーマン・ショック」の元凶は金融界のメガホリックたちだった! 人はなぜ、自ら進んで仮面を被るのだろう?)
第2部 こうして人は「メガホリック」になり、大事件が引き起こされた(社会保険庁におけるメガホリズム―「認知的不協和の合理化」タイプ JR西日本におけるメガホリズム―「マインドコントロール」タイプ 船場吉兆におけるメガホリズム―「属人思考」タイプ 大分県教育委員会におけるメガホリズム―「過剰学習」タイプ 雪印におけるメガホリズム―「認知バイアス」タイプ パロマにおけるメガホリズム―「集団思考」タイプ)
第3部 こうすれば「メガホリズム」から回復できる!(内向き・上向きの集団規範ができあがっている組織の場合 ごまかしがまかり通っている組織の場合 マインドコントロール状態にある組織の場合 メンバーが権威に服従している組織の場合 不正が常態化している組織の場合 「慣れ」のあまり、状況の変化に対応できる組織の場合 みんなの意見が一致しまいがちな組織の場合 「内」と「外」の二分法を超えて)