文春文庫<br> 終生ヒトのオスは飼わず

個数:1
紙書籍版価格 ¥615
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

文春文庫
終生ヒトのオスは飼わず

  • 著者名:米原万里
  • 価格 ¥530(本体¥491)
  • 文藝春秋(2014/12発売)
  • 【Kinoppy】ポイント増量!文藝春秋「電書の森2019」(~9/26),秋分の日の三連休!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 ポイント25倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 160pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

ロシア語会議通訳、エッセイスト、作家として56年の生涯を走り抜けた米原万里さんのもうひとつの顔は、毛深い大家族(猫5+犬3)の“慈愛深き母”でした。前作『ヒトのオスは飼わないの?』の続きと、雑誌に掲載されたエッセイを集め、一周忌に合わせて2007年5月に刊行されたのが本書です。ご両親のことや米原家のルーツに触れる話など、しみじみとしたタッチの作品が揃いました。タイトルは、生前ご自分で書かれた「私の死亡記事」というエッセイ(本書収録)につけられたものです。