ウルトラマンになった男

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,836
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ウルトラマンになった男

  • 著者名:円谷プロダクション【監修】/古谷敏【著】
  • 価格 ¥918(本体¥850)
  • 小学館(2012/01発売)
  • 敬老の日!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~9/16)
  • ポイント 200pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

ウルトラマンのスーツアクター初の回想録!

古谷敏氏は初代ウルトラマンのスーツアクターとして以後数十年にわたるウルトラマンシリーズのアクションの原型を作り上げました。本書はその円谷プロの特撮現場における1年間の苦労と知られざるエピソードを生々しく描いた初めての回想録です。
最初の撮影でスペシウム光線のポーズが決まるまでの一部始終、ややあの少し猫背のポーズの由来。また、ウルトラセブン・アマギ隊員役から、イベント会社の設立に至る経緯など、当事者本人の心の動きが時間の経過とともに詳述されている点、当事者本人しか持っていない、かつ本人しか許可を取れない新発見の写真の掲載、などの点で、ファン垂涎の書籍です。円谷プロダクションの全面協力をいただきました。
構成/第1章 ウルトラマンへの道、第2章 過酷な撮影現場、第3章 ウルトラセブン~独立、最終章 四十年後。

目次

第1章 ウルトラマンへの道(ビンちゃん、主役だよ!;出演承諾 ほか)
第2章 過酷な撮影現場(初めての撮影;ウルトラマンのポーズ ほか)
第3章 ウルトラセブン?独立(隊員に選ばれる;カメラテストと二人のアンヌ ほか)
最終章 四十年後(再会;高野さんの死)