文春新書<br> 教育をぶっとばせ - 反学校文化の輩たち

個数:1
紙書籍版価格 ¥825
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

文春新書
教育をぶっとばせ - 反学校文化の輩たち

  • 著者名:岩本茂樹
  • 価格 ¥815(本体¥741)
  • 文藝春秋(2014/05発売)
  • 青い空!白い雲!夏のKinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~8/1)
  • ポイント 175pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784166606993
  • NDC分類:376.4

ファイル: /

内容説明

「己がしたことぐらい、己で始末せんかい」。「日直は黒板を消して」と岩本さんが言ったとき、生徒から返ってきた言葉です。全日制から定時制高校の教師になった岩本さんが、「ゲリラ的コミュニケーション」でモンスター(関西では「輩=やから」と呼ぶ)たちと格闘する日々を活写します。しかし輩たちは、実は「学校の常識」の方こそ特殊なのだと教えてくれたのでした。これは教育崩壊を最前線で死守する一教師の、リアルでクールな戦況報告書といえましょう。

目次

第1章 夜間定時制にようこそ
第2章 ゲリラ的日常
第3章 輩たちの文法
第4章 制服の魔力
第5章 蟻地獄
第6章 分かち合えない関係
第7章 赤を黒に変えろ―成績評価をめぐって
第8章 ノイズがメロディになるとき