中経の文庫<br> 生涯を賭けた言葉

個数:1
紙書籍版価格 ¥616
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

中経の文庫
生涯を賭けた言葉

  • 著者名:芸術家の言葉を探究する会/片岡鶴太郎
  • 価格 ¥616(本体¥571)
  • KADOKAWA(2013/12発売)
  • 秋分の日の三連休!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 ポイント25倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 125pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

「画家は自然を相手に論争し喧嘩する」(ダ・ビンチ)、「無形の霊性を表現するのが日本画」(横山大観)―画家でもある片岡鶴太郎氏の監修により、画家や作曲家のほかに彫刻家・俳人・陶芸家・舞踏家・華道家など様々なジャンルの芸術家たちの、魂からほとばしる命がけの言葉を古今東西から集めた。

目次

世阿弥(1363~1442)―初心の心得
ダ・ヴィンチ(1452~1519)―自然との論争
ミケランジェロ(1475~1564)―私のできた時
ラファエロ(1483~1520)―観念を利用
レンブラント―(1606~1669)―最も高度な動き
松尾芭蕉(1644~1694)―造化にしたがひて
ゴヤ(1746~1828)―人間の尊厳を守るべき
葛飾北斎(1760~1849)―すべての骨法を会得した
モーツァルト(1765~1791)―オペラを書きたい
ベートーヴェン(1770~1827)―高貴な行動は不幸に耐えうる〔ほか〕