中公新書<br> 犬と人のいる文学誌

個数:1
紙書籍版価格 ¥858
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

中公新書
犬と人のいる文学誌

  • 著者名:小山慶太【著】
  • 価格 ¥858(本体¥780)
  • 中央公論新社(2014/01発売)
  • 初夏のKinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~5/31)
  • ポイント 210pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

犬は、人類ともっともつきあいの長い動物である。番犬や狩猟犬としてだけでなく、パートナーとしていまや人の生活に欠かせない存在である。人は犬とめぐりあい、一緒に走り、共に暮らす。しかし犬は人よりもはやく老い、先に死んでいく…。人はなぜこれほどにも犬に愛着を抱くのだろうか。本書は人と犬のさまざまな関わり合いを、夏目漱石や向田邦子、江國香織などの文学作品を通して味わうものである。

目次

1章 漱石の飼い犬
2章 犬の親権
3章 老犬の涙
4章 狼の英知
5章 犬を介した男と女の出会い
6章 ファンタジーの中の犬
7章 日本犬のいる風景
あとがきに代えて-我が犬の記