ハーレクイン<br> 嵐に乾杯

個数:1
紙書籍版価格 ¥722
  • Kinoppy
  • Reader

ハーレクイン
嵐に乾杯

  • ISBN:9784596123749

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

買い取った古い家を改装して生まれ変わらせ、売りに出す。サラは自ら現場で働くこの不動産開発の仕事が大好きだった。頑張っている彼女に、名づけ親のオリヴァーがご馳走してくれた。連れていかれたのは湖のほとりに立つ超高級レストラン。そこでサラは建築業界のやり手、アレックスに出会った。若く魅力的だが、鋭い目を持つ男だ。彼はかつてサラの父親の建築会社を乗っ取り、父は失意のうちに亡くなったという因縁がある。しかも明らかにサラをオリヴァーの愛人と見なしていた。サラは許せなかった。昔のことも、今度のことも。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

たまきら

20
亡父が建築業者だったこともあり、魅力的な廃屋をリフォームし始める有能な美女が主人公です。そして父親の会社を買収した大手建築会社の御曹司がお相手。最悪の出だしだったんですが、徐々に関係が変化していくところが丁寧に書かれていて素敵。自分の思うとおりにならない彼女にずっとやきもきしっぱなしの男子がおかしかった。おじいさまに登場していただきたかったなあ。なかなか面白いロマンスでした。2016/10/21

糸車

10
物件を見つけ古い建物を素敵に改築・改装するヒロインって新鮮で読んでいて楽しかった。内装を手掛けるヒロインは何度か見かけたけど、職人顔負けな技術で漆喰を塗ったり、防犯のために現場に泊まり込もうとする男顔負けの行動力がいいのです。ヒーローは家名が災いしてヒロインに敬遠され、ちょっと可哀想。ヒーローの母、友人、ヒロインの名づけ親、職場仲間と彼らを大切に思っている脇役がいい味出してます。意地を張ったり、こらえきれずに感情を吐露したり、意地の悪い脇役に振り回されたりと恋するふたりが自然に思えて後味のいいお話でした。2014/02/07

みろん

2
父の事業を買収した大手業者に恨みを持っている女性と、狙っていた物件をヒロインに横取りされた大手業者の副社長とのロマンス。安穏とした日々が過ぎていくなのでどうしたことかと思ってたけど、後半にスパイスの効いた出来事が発生。よくわからなかったけど、メリハリのあった展開は意外と面白かった。2009/05/24

akiyuki_1717

1
ヒロインがとても魅力的で、素敵な女性でした。ロマンスというよりイマージュっぽいストーリーで、ほのぼのって感じが続きますが、突然、ヒーローが我が儘になったのが、ビックリしました。余程腹を立ててたのか、ヒロインの手紙にも反応なしで、突然仲直りするのも…だったけど。このストーリーで一番気になったのは、ランチにディナーにとなにせ食事に行く回数の多さです。体力仕事だから自分のご飯作ってる余裕もないのかもしれないけどね。名前だけで、登場はしなかったヒーローのロクでもない父親の言い訳も聞いてみたかったな。2016/02/01

ぽしょ

1
ヒロインの仕事話、農場や納屋を改築していく過程が結構面白かった。ヒーローは後半ちょっと駄々っ子になったりしてましたが、概ねいい感じ。楽しかった。2012/05/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/562611

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。