角川文庫<br> どうせ死んでしまうのに、なぜいま死んではいけないのか?

個数:1
紙書籍版価格 ¥473
  • Kinoppy
  • Reader

角川文庫
どうせ死んでしまうのに、なぜいま死んではいけないのか?

  • 著者名:中島義道
  • 価格 ¥453(本体¥420)
  • KADOKAWA(2013/10発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

所詮人生は、理不尽で虚しい。いかなる人生を営もうと、その後には「死」が待っている。「どうせ死んでしまう」という絶対的な虚無を前にしながら、なぜ私たちは自ら死んではならないのか?生きることの虚しさを徹底的に見つめ、それをバネにたくましく豊かに生きる道を指南する、刮目の人生論。無気力感に苛まれる時、自分に絶望し苦悩する時の必携本。

目次

1 死だけを見つめて生きる(K君へ なぜ苦しくても生きていかなければならないのか 自殺してはいけない理由 ほか)
2 幸福を求めない(根本悪について 金に対する原罪 テロと哲学 ほか)
3 半隠遁をめざそう(どんな仕事も虚しい 組織に埋没してはならない ひきこもりの技術 ほか)