角川文庫<br> 国家と神とマルクス 「自由主義的保守主義者」かく語りき

個数:1
紙書籍版価格 ¥565
  • Kinoppy
  • Reader

角川文庫
国家と神とマルクス 「自由主義的保守主義者」かく語りき

  • 著者名:佐藤優
  • 価格 ¥550(本体¥500)
  • KADOKAWA(2014/08発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

「絶対的なものはある。ただし、それは複数ある」自ら“自由主義的保守主義者”を標榜し、いまや左右両翼の活字メディアで最も活躍する著者。深淵な思考の果てに見出したその「多元性と寛容の精神」を支柱に、国家から宗教、歴史まで、内在する論理を真摯に追究してゆく。著者の強靱な「知の源泉」に触れ、私たち読者が現代社会への強烈な覚醒を促される1冊。

目次

1 それでも私は戦う
2 国家の意思とは何か
3 私は何を読んできたか
4 日本の歴史を取り戻せ
5 国家という名の妖怪
6 絶対的なるもの―あるいは長いあとがき