いたずらはかせのかがくの本<br> もしも原子がみえたなら (新版)

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,420
  • Kinoppy
  • Reader

いたずらはかせのかがくの本
もしも原子がみえたなら (新版)

  • 著者名:板倉聖宣/さかたしげゆき
  • 価格 ¥1,936(本体¥1,760)
  • 仮説社(2008/11発売)
  • ポイント 17pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784773502107
  • NDC分類:K431

ファイル: /

内容説明

この宇宙のすべてのものは原子でできています。
石も,紙も,水も,鉛筆も,そしてもちろん人間のからだも。
小さすぎて見えないはずの原子の世界を,もしも目で見ることができたなら,そこにはどんな世界がひろがっているでしょう?
やさしい語り口とかわいらしい絵で,みなさんを原子の世界にご招待します。
生徒さんやお子さんと一緒にお読みください。

「厚生労働省社会保障審議会推薦児童福祉文化財」に選ばれました!

★★ おすすめの言葉 ★★
 この本を読んで初めに思ったのが,「絵がカラーで字が読みやすい!」ということでした。〈わくわく科学教室〉とかでやっている授業書《もしも原子がみえたなら》と内容はだいたい一緒なんですけど,絵があると想像しやすいなあ,と思いました。
 今,学校で化学のことをやってるんですけど,先生の説明を聞くよりこの本を読んだ方がみんな分かって良いと思いました。
 前の本(国土社版)とも見比べてみて,前の本はすっごい手書きって感じがして好きだったんですけど,新版の方が〈酸素の赤〉や〈窒素の青〉などが私のイメージに近いので,読んでいて頭に入るし,読みやすいと思いました。
 もっと原子・分子のこと,科学のことを知りたいと思いました。
(岸 真美さん 愛知・中学生)
※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。