「いいこと」が起きる子どもの習慣

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,320
  • Kinoppy
  • Reader

「いいこと」が起きる子どもの習慣

  • 著者名:親野智可等
  • 価格 ¥1,100(本体¥1,000)
  • PHP研究所(2012/12発売)
  • ポイント 10pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

しつけや子育ての本はたくさん出版されています。でも、そのほとんどは心構えを述べたものであり、親が一番知りたい「どうしたら実際にそれができるようになるのか?」の具体的な方法を書いたものは、極めて少ないといえます。そこで本書で著者は、たとえば次のことができるようになる具体的方法を提示しています。「自分で片づける」「忘れ物をしない」「やる気をもって取り組む」「自分で勉強を始める」「早寝早起きをする」「ゲームのやり過ぎやテレビの見過ぎを防ぐ」「危険から身を守る」「進んで歯を磨く」等々です。また、「しつけとは、注意したり叱ることである」と大きな勘違いをしている親が非常に多いといいます。この本では、合理的な工夫をすることによって、叱らなくても子どもが自然に「いいこと」ができるようになる環境とシステム作りを提案しています。実生活ですぐに役立つ具体例がふんだんに盛り込まれた、まさに親にとって待望の本といえよう。

目次

第1章 子どもの「いい習慣」は親の工夫から(特効薬「一日一〇分の片づけタイム」で「片づけができない」悩みは一発解決!;物の置き場所に「おもちゃ」「学校用品」などの明示をするだけで、片づけ力がアップする;親が簡単収納の環境とシステムを作ってやれば、片づけ時間は半分になる ほか)
第2章 このアイデアが子どもを伸ばす(悩みの種の「ゲーム遊び」については、ルールを決める;ルールを決めたら、紙に書いて明文化し、親子で誓いのサインをして目立つところに貼る;にんじん方式、サンドイッチ方式など、複数の選択肢の中から子ども自身に選ばせると遵守意識が高まる ほか)
第3章 叱らなくても自然にできる環境とシステム(叱ることには二つの大きなマイナスがある;「イライラして叱ってしまう」のには、三つの理由がある;合理的な工夫「叱らなくても自然にできる環境とシステム」 ほか)