小学館101新書<br> 人間関係力 困った時の33のヒント(小学館101新書)

個数:1
紙書籍版価格 ¥792
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

小学館101新書
人間関係力 困った時の33のヒント(小学館101新書)

  • 著者名:齋藤孝【著】
  • 価格 ¥550(本体¥500)
  • 小学館(2012/09発売)
  • 今日はサイバーマンデー!Kinoppy 電子書籍 全点ポイント30倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784098250073

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

人間関係のストレスを減らすヒントを提示

責任を取らない上司や出来の悪い部下、あなたを振り回す取引先。あるいは小言の多い妻やいうことを聞かない子供……に囲まれ、気づけば溜め息の数ばかりが増えていく。今や人間関係のストレスは、ビジネス、プライベートを問わず、人生を生きていく上で最大の抵抗力なのである。この本では、私たちが悩みがちな状況を具体的に設定し、その状況に活路を拓き、人間関係のストレスを減らすヒントを、宮本武蔵やチャップリン、ケネディ、マキアヴェリなど、33人の賢者の言葉を活かしながら提示する!

33人の賢者
宮本武蔵、エジソン、高橋是清、チャップリン、夏目漱石、劉備玄徳、黒澤明、アレクサンダー大王、三遊亭園朝、ジョン・F・ケネディ、孫子、松尾芭蕉、ナポレオン、寺山修司、モーツァルト、宮本常一、杜甫、新渡戸稲造、マーク・トウェイン、勝小吉、サルバトール・ダリ、与謝野晶子、マキアヴェリ、坂口安吾、孔子、渥美清、種田山頭火、モハメド・アリ、一休宗純、ヒッチコック、道元、司馬遷、釈迦

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

chiru

26
人間関係について、偉人達の言葉を引用したヒント集。「Qなぜあの人は不機嫌なんだろう」に対して「モーツァルトならこうする」として彼の生き様を紹介してるのだけど、彼が面白い人とは全然知らなかった。モーツァルトのページだけでも立ち読みしてほしい。衝撃的で目の前の霧がいっぺんに晴れてしまう。他の偉人の言葉はわたしには響かなかったけど、モーツァルトがそういう人だと知ってたらピアノがもっと上達してたかもしれないな。★42017/11/08

Susumu Tokushige

9
会話力・雑談力を学びたく読む。日常の人間関係に関する諸問題に対し、歴史上の偉人達がどのように解決したか、我々は偉人達の意識をどのように踏襲するべきか、を解説した本。本書を読むと、今起こっている人間関係の問題は、既に過去の偉人達が解決していたのだと感じる。会話などで偉人の言葉を引用して「○○はこう言っていた」と言うことは多いが、口に出さなくても『○○ならこう考えただろう』と思うことも多々ある。偉人達だけでなく、小説や漫画の登場人物からも、思考を引用することは多い。物事を広く深く考えるには、読書は必須と確信。2016/10/05

Kei

9
33人の偉人の例から現在を生きる私たちの人間関係の問題を解決するヒントを説いている。知っている人も多かったけど、全く知らない人もいて、その人達に興味を持てた。人間関係の問題に関しては究極的には大きな心と長い視点を持って、自分らしく生きようということになると思う。2016/03/12

さっちも

7
これを読めば、うまいこと人と関係を保っていけるとかはあまり書かれていない。著者が好きな33の偉人達が、自分の人生を生きるために人とどう交わっていたかが書かれてる。それとその事に関するアファリズム。一人一人の話が結構ギューっと詰まってて良かった。道元やダリなんかは、よくも、まぁー、5ページでここまで魅力的にと思った。私はピンとこない話と、グッーっとくる話の落差があったので、気になる偉人の話から読んでみるのも手だと思う。2016/02/09

こじ

6
偉人たちはどのように人生を切り開いていったのかが書かれていた。 例えば、エジソンは誰もやらないことに果敢にチャレンジしたからこそ大成功を収めた。 例えば、劉備は自分より20歳も年下の諸葛亮孔明を重宝することで人生を切り開いた。 以上のことから偉人たちは物事の本質を見抜き、大切なものに自分の時間などを投資するからこそ成功していると感じた。2017/07/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/468043

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。