小学館文庫<br> 中国食品工場の秘密

個数:1
紙書籍版価格 ¥514
  • Kinoppy
  • Reader

小学館文庫
中国食品工場の秘密

  • 著者名:青沼陽一郎【著】
  • 価格 ¥507(本体¥470)
  • 小学館(2015/06発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

毒ギョーザ事件の背景に迫る渾身のルポルタージュ!

2008年1月に発覚した毒ギョーザ事件。その容疑者が2年あまり後の2010年3月に拘束された。中国の食品工場で、いったい、なにが起きていたのか? 5年にわたり、中国をはじめとする海外の日本向け食料製造現場を取材し続けた気鋭のジャーナリストが、骨無しカレイから、エビフライ、アジフライ、タコ焼き、ブロイラー解体、鮨ネタづくりまで、ありとあらゆる中国の食品工場を取材し、その実態をリポート。著者自ら撮影した写真もふんだんに掲載。話題の単行本『食料植民地ニッポン』(小学館)の姉妹版となる、文庫書き下ろし作品を電子化!

目次

プロローグ 中国って、でかいんだぞ!
第1章 食品工場へいらっしゃい
第2章 ランチの主役製造中
第3章 そこまでやる?そこまでさせる?
第4章 野菜もウナギも中国大地で
第5章 食品工場は誰のもの?
エピローグ さよなら中国